素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

人は突然の幸運を掴めない

幸せになりたい!運が良くなりたい! とは言うもののいざその時が来るとスルーしてしまうのが人というものです。

チャンスの神様は前髪しかないと言いますが、前髪だけで全身ツルツルの人が現れたら掴みたくもなくなりますけどね。というか他人の前髪いきなりつかむ人はなかなかいない。

「等身大」で生きる スケートで学んだチャンスのつかみ方 (NHK出版新書)

チャンスは大体平等

そもそもチャンスなんか来ない!私は運が悪い!という人はまず見直しましょう。まずチャンスが来ない人は行動が少ない、運が悪い人はチャンスも見逃すという事を。

そもそもチャンスは平等に来ます。来ないなんてことはありません。運良くチャンスの多い人はいます。生まれだとか環境だとかでどんどんいいことが起きるんですよね。でもそれは運のいい人であってそれが平等に訪れていたら世界がてんやわんやですよ。

チャンスが来ないという人は宝くじも買わずに当たればいいと言う人。そして運が悪いという人は行動していてもこれまでに運を掴めなかった人。

運を掴めなかった人は運が悪いと思うかもしれません。当然掴めない運は苦痛です。苦行です。いじめのようで、嫌がらせのようでやってられない気持ちもわかります。 しかしそれだけではありません。運を掴めないには掴めない理由があり、全ての運をつかめるというものでもありません。

行動量がそのまま運がくるチャンスを増やします。 行動量を増やすにはできないことを夢見るよりも出来ることをやりまくることです。

成功は“ランダム

 幸運は突然だけど突然じゃない

チャンスは訪れた時にしっかり掴まなければいけません。しかし多くの人はそのチャンスを「今じゃない」とか「私なんか」と譲ったり流したりしてしまいます。

誰にでもチャンスはありますが、それはごく僅かな数です。見落としてしまえば一度もないかもしれません。ではどうするのか、当然準備をしておくんです。 準備しておく以外にありません。

準備とは何か。仕事で言えば一つ上の仕事を見ておくこと、リスクを取れる余裕を作っておくこと、背中を押す人、諌める人を見極めておくことです。

お金はいりません。何をするにも先立つものが必要?日本って結構すごいもので大抵のチャンスにはちゃんとした支援があります。国でなくても支援は色々あります。そういう道を見つけておくことも準備かもしれませんが道は常に変わっているので難しい気もします。

チャンスは自分の都合に合わせて来ることはありません。来たチャンスに自分が合わせて飛び乗る必要があります。

1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方

出来ることをやる

必要なことは出来ることをやりきるということでもあります。 しかし未成年は難しいかもしれません。難しく見えるかもしれません。出来ることは家に因って決まっていますし、成人ではないだけで出来ることは限られてきます。

しかし未成年だからこそ準備はやりたい放題です。出来ることが全くないなんてこともありません。ないという人は体ではなく心が子供なだけなんです。

とはいえ大人だって中々チャンスを掴めません。 なんせこれまでの人生で既に諦めまくってきたからです。これから若人のように熱を持つなんてかっこ悪いとさえ思っています。そして諦めを子供に押し付けたりします。

大人にだってチャンスも運も訪れます。行動さえあれば絶対に。必ず。 大人の行動はメラメラ燃える炎でなくても構わないんです。チクチクと燃え続ける炭火で十分。

大人になるほど人は自分に甘くなります。しかも他人に冷たくなります。諦めてきたせいで周りにも諦めさせようとしてしまいます。なので大人に諦めさせられるのは仕方ありません。しかしそれで行動を止めなければいけないわけではありません。

説得できなければ実力行使、それが無理なら結果で黙らせるしかありません。責任は親が取る、大人が取る、上司が取る、周りでどうにかします。どうにかしたくなくてもどうにかしないと自分もいけませんし。

行動だけがチャンスを見つけられます。準備がチャンスを掴みます。 結果は運とは関係ありません。

面倒くさいけれどチャンス掴もうとすることは楽しいことでもありますよ。

「等身大」で生きる スケートで学んだチャンスのつかみ方 (NHK出版新書)