素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

今日のパワーワード

パワーワードが流行っていた気がしますが、みなさんはどんなパワーワードを持っているでしょうか。 それがあれば元気が出る、やり直せる、集中できる、夢が叶う色々ありますが、どれか一つでいいというものではなく幾つかから必要なものを選んで使うというかんじです。

今日の言葉は。

全てを覆す力の言葉

どれか一つでいいというものではないとか言いながら、パーフェクトな言葉をお伝えしましょう。

松下幸之助 パワーワード  ― 強いリーダーをつくる114の金言

私は世界を救う人間だ

なんと現実味のない言葉だろうか。 けれどこれほど万能な言葉もない。

故に今日はこれを何処かにメモして、というかスマホでメモしてリマインダーセットして週イチでもこの言葉を吐いてほしい。

当然ながらこの言葉の主人公は自分なので自分をどう表すかは自由だ。 私なのかワッチなのか拙者なのか、もちろん現実味のある言葉である必要はある。

自分を表す言葉

パワーワードには自分自身を表す言葉がよく出てくる。

大抵は私になっているけれど自分が私と言って違和感がある時は変えた方がいい。兎に角何でもいいけれ幾つか試してしっくりくる言葉に置き換えるべきだ。

それは上に書いたようにワッチでも拙者でもいいし、それがしっくりくるまで試す必要がある。

なんせパワーワードに必要なのは実感であり、自分の言葉にすることだ。

仕事をガラリと変える55のパワーワード

自分の言葉

さて、もう一つポイントが出てきたことにお気づきだろうか。

自分の言葉にすることつまり初めはしっくりくるとしても自分のものではない。 繰り返しつぶやき目にして耳にしてじわじわと自分の言葉になる。

例えば昔親に言われて嫌だった言葉もいつの間にか自分が言っていることがある。自分は反発していたはずなのにそうなっていることがある。 それは言葉が繰り返し刷り込まれて自分のものになったということだ。

それは良いことでもあり悪いことでもある。 なので嫌な言葉からは離れなければいけないし良い言葉を聞く機会を作ったり自分で吐いたりするのだ。

やさしい言葉で心を満たせば 素敵な奇跡がやってくる