素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

男女の友情とセフレ

あるかないかと言われたら「無い」

だからといって存在しないわけではない。

愛と友情のゴリラ (マジック・ツリーハウス (13))

異性との関係

 時々相談されることに異性の友達との関係を進展させたいというものがあります。 相手は友達だとしか思っていないのでどうにかしたいとか。

 根本的にですが、アプローチを直接的なものにしたあとでも友達扱いされるとしたら単純に脈無しです。体よく断りたいというかなかったことにしたいんです。友達としては、セフレとしては良いけれど付き合いたいわけではないんですきっと。

 もちろんこれは男女ともに言えることで、遊ぶのは良いけれどパートナーにはしたくないというのは相性ではなく現実的な問題でしょう。

 楽しいけれどそれだけだとか、ストレス発散には良いけれど長時間はしんどいとか。中には想像だけのことで付き合ってみればそれもうまく行くということも多いのですけれど、なんとも悲観的と言うか過剰予防しがちなこの頃の恋愛観と言う感じです。

友情と恋

 「付き合うまでは友達だ」 それは正しいと思います。しかしその期間に付き合いたいとか好きだとか思ったことがない相手というのは滅多にありません。先に書いたような理由で友達としては付き合っているけれど、その先は望むと苦しみそうだからやめておくという人がいるということです。

 何かのきっかけで友人から恋人になる関係。それが男女です。細かいことを言えば同性でも恋人になったりそういう気持ちが生まれることもあって当然です。しかし異性間よりは確率が低いということで異性に限ってこういう言い方をしますが、揺らぎやすい友情は成立しない。

 どちらかが恋心を抱いたときから見返りを求めない友情から、よく見られたい好かれたいという損得感情を込みでの関係が始まります。この期間も暫く経つと霧散したりもしますが、やはり異性間の友情は成立しないと思っておくほうが良いでしょう。

でもこれって友情だ

 中には相手が見返りを求めず仲良くしてくれると言って友情だと主張される人も居ます。結構居ます。が、もし相手が自分に恋愛感情を持っているとしてよく見られたいからそうしているとして、そんなことを言葉にしているわけがないので相手の友達だからという主張に意味はありません。

 あたまのめでたい人は優しい異性も友人として受け入れがちですが、そこは一回やったけど友達、付き合ってたけど友達、時々やるけど友達、そういう友達も含めて周りと友達の定義から見直したほうが良い場合もあるかもしれません。特に人に話せない関係の友達がいる場合は。