読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

ネットストーカーに気をつけられるのは自分だけ

ネットストーキングはどこにでも


関係性で困るのは自分を見て欲しくてたまらないけど直接はそう言わないところが面倒なかまってちゃんや、一緒にいるためならここから飛んでやるみたいな重さの限界突破したヤンデレ、表面的にはきれてるか喧嘩売ってるようにしか見えないドM御用達のツンデレなどいろいろいます。


そんな中事件性があるにも関わらずギリギリまで表に出ないのがネットストーカーです。

 

 

 


ネットストーカーの見つけ方はあるだろうか。
ネットストーカーは誰にでもあり得る話です。自分はないと思ってる人は思考が足りないことを自覚しましょう。そして気付いた時は事件になった時というのもよくある話です。


一番簡単なネットストーカーは検索すると目星をつけられます。TwitterFacebookなどの自分のアカウントで使っている名前をGoogleなどで検索してみましょう。当然ほとんどの人はトップに出てこないので何ページかめくる必要がありますが根気よく見てみましょう。


自己顕示欲の強いストーカー場合は相手の情報をインターネット上でまとめてみたりします。名前で出てくるようなまとめ方をするような人は事件化するのも早いでしょうから調べる頃には手遅れかもしれませんが一応念のため。


次に名前以外の情報でも検索しましょう。順序は現在から順にさかのぼる検索です。
今の働き先や住んでいるところなどから検索していきましょう。
今ストーカーがいるのなら当然情報は最新のものを用意するでしょうから新しい情報からということになりますが、過去にストーカーがいてまとめが残るということもあるので削除依頼のためにも一回は過去についても検索しましょう。

 

次は画像検索です。ストーカーはあなたの情報をまとめるためにあなたの画像をインターネットにあげているかもしれません。あなたの画像を用意して類似の画像をインターネットから検索する事ができます。一枚では出ないかもしれないので数枚試してみましょう。
多少のズレや変顔すら気にせず本人を見つけ出すほど検索機能は恐ろしいものになっています。

 


さて一通り検索が済んだら次は釣りです。
ネットストーカーはヒーローやヒロインです。正義の味方です。ただ歪んだ正義なので悪い事が起きるのを待ち望んでいます。そこで、自分のTwitterなどで今苦しんでいることを呟きましょう。誰かが助けてくれないかなあみたいな事を言ってみます。そうするとアクションがあるかもしれません。


釣りをしなくても見つける事ができる場合もあります。Twitterには関係ありそうな人を勝手見つけてくれる機能があります。これはフォローをしていなくても近いと思われる人が出てきたりします。よく出てくるけど全く知らない人なんかは一度チェックしておくほうがいいでしょう。

 

 

 

ネットストーカー [DVD]

ネットストーカー [DVD]

 

 


ネットストーカーの特徴は自分を見せずにいるうちに自分の姿を勘違いしていること。ヒーローのように思い込むのはよくあることですが、ネットストーカーはネット上で情報をたくさん仕入れることでどんどん自分を神格化していきます。当然何もできないような小さい人間の一人ですが妙に指示の多い人がいるなら叱るよりもうまく身を隠す方法を考えましょう。もちろんネットにそんなことは何も書かずに。


私に相談してくれる人は時々いますが、相談するだけで解決する気がないので最後は話も聞いてあげません。誰かに聞いてもらえるうちに解決策をしっかり行動に移しましょう。

 

 


もしネットストーカーが身をさらさずにそうしようと思えば誰にも見つけることはできません。そのくせ自分の情報は見られ放題何てこともよくあります。愚痴なんかをネットに書くのは結構ですが、助けを求めているように見える文言は避けること。


もしくは閉鎖された空間で書くこと。閉鎖された空間の中に鍵をかけたTwitterは入りません。

 

 


ちなみに私にネットストーカーがいるとすぐ見つけられるんですが、まあそれはストーカーというより興味本位の情報収集ですね。わからなくもないですがそういう行為にハマってしまわないように気をつけましょうね。