読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

自己啓発、その前に。

自己啓発その前に

個人的に悩む事も人並みにして、相談に乗る事が多かったりしたのでいつからか自己啓発分野で色々な発信をするようになりました。

 

この分野ではよく言われる事は「胡散臭い」「本当に成功してる人が種明しするわけがない」「偉そうに言われたくない」などです。

 

今日はそのあたりについて答えつつ、自己啓発するために注意する事などを少々。


今日のメニュー

  • 胡散臭いです
  • 成功と金銭は比例しない
  • 上から目線でちょうどいい 

自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方 (Sanctuary books)



胡散臭いです

 自己啓発界隈では割合で言えばほとんどの人が胡散臭いのではないでしょうか。どんなに本物の伝達者でも理由はその人自身によるものは少ないと感じます。

 

一つ目はわからない事。人は正体のわからないおばけやUFOみたいなものを怖がったりきみが悪いと感じるものですが、それは商売や商品についても変わりません。自己啓発の類も基本的に引き寄せのようなものはわけがわからないので胡散臭いというわけです。

 

二つ目は人。本人は普通の人でも自己啓発の伝達者の周りには妙に明るい人が集まります。そういう人の周りに残っている人は結果があったのでしょうから明るくて普通なんですが、一歩引いた人が見るとちょっと怖いんですよね。先に出来上がっているサークルやグループにには入りにくいという理由の人もいるとおもわれます。はい私です。

 

三つ目は強引。自己啓発は自由で楽しい場所というわけでもありません。一見そう見えるものの中に入ると細かいルールがあったり、一切の拒否権を失うような事もあります。特に厄介なのが強引な共感です。でしょう!?そう思うよね!?というのを伝達者以外のグループの人に言われると受けの弱い人はやられてしまいます。

 


成功と金銭は比例しない

 成功と言われると金!オンナ!権力!ひゃっほー!という人がほとんどです。本当にそれを求めている人はそれほど多くありませんが、本人が気づいていなくてもそう認識しているのが厄介なのです。

 

お金や権力を成功として認識している人は自身の欲しいものが明確になっていない人です。ものと言っても車だのなんだのという事ではなく、それらを得てどう感じるのかという精神的な部分。結局物で満たされるという人はほぼ居らず、そこから何を感じるのかが大事なわけです。

 

本物の自己啓発屋さんはこういう事を知っているわけですが、長々と書いたりしゃべっても聞く人は少ないのでとっかかりとして「成功」というのでこの手の誤解をあたえてしまいます。

 

とはいえ全くお金も物も手に入れない成功というのもイメージできないので仕方のない事ではないでしょうか。

 

みんなが知っているのにみんなが嵌るイメージの罠がここにあります。

 


上から目線でちょうどいい

 自己啓発の発信者のうち、自分から何かを始めている人は指導する立場でもあります。どういう事かというと自己啓発には、思考や行動を矯正したり変えていく必要があるのでそのためのトレーニングが必要だからです。

 

トレーニングと言っても人によって感じ方は様々ですが、人によってはあれこれと暮らし方に注意を受ける事もあるでしょう。

 

そういう時に、発信する側は成果を出す事が何よりも大事、なんせ成果とは「幸福」なはずだからです。しかし受ける側が指導を受け慣れていない人であったり、発信側が指導に慣れていないと指導は軋轢として現れる事になってしまいます。

 

すべての人が通う学校でさえ、いつまでも指導の下手な先生もいるわけですから技術だけではどうしようもない事なのかもしれません。そういう発信側は指導する人を別に雇ってコンテンツ制作者として存在する方がいいのでしょうね。

https://www.instagram.com/p/BIRfeSbj9nM/

今日も何にしようか悩んで塩ドーナツ北海道あずき(288kcal/151円)!! 安心する味だとおもうんですよ!#ミスド #ミスタードーナツ #japan #misterdonuts #カロリー



ミスです。

さて自己啓発について見てきましたが実は根本的な事を一つ話忘れました。

自己啓発といえば金!、権力!、自由!みたいな流れでしたがここで訂正しておきます。

 

今は自己啓発はほとんど成功方法としてみられていますが、言葉だけを見れば自分の能力向上ともいえます。ランニング、英会話、勉強など全てが自己啓発なので取り組んでいない人はまずいないということです。

 

今あなたの取り組んでいる自己啓発が実を結び成功を得られることを希望しています。