読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

アイデアを閉じ込めて餓死させない

イデアを惜しまないこと


イデアはお金になる。もちろんそうですがそれはお金にすればの話です。自分では実現もできないのに溜め込むアイデアに意味はありません。昔なら自分だけのアイデアだと自信を持ってやりつづけることもできましたが、今ではどこからでも降ってくるので、求めている人のところには既に情報があるものです。
そんな自分のアイデアなんかはとりあえず全部出してせめて自分の役に立つものにしましょう。

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方


活かし方

イデアを活かすと言ってもほとんどの場合はとにかく出すことです。貯めたアイデアが役に立つのは今していることの改善案くらいです。今回イメージするアイデアは無駄に自慢の種にするような自分の仕事と関係ないもの。「あんなの俺でもどうにかなるわーw」みたいなやつです。

まずはだす方法

インターネットはアイデアを出すのに最適な環境です。どうしてもどうしても見せたくないという人は誰にも言わず黙々とノートに書くとどこかで覚醒することもあります。
そこまで言わない人はとにかく出せるところを作りましょう。ブログ、メルマガ、動画、生配信なんでもあります。アイデア専門のSNSとかもあるんですが、マイナーなのでTwitterFacebookでいいと思います。
長文を書く、動画を作るのが嫌なら仕事のつもりでプレゼンを作りましょう。プレゼンを作るソフト、アプリも多様化していて公開できるようになっていますし、公開前提のpreziみたいなサービスもあります。

ブログ
最近は本当にいろんな人がいろんなことをブログで書いていますね。学生の論文も一つのサイトで完成品ではなく書き出しから全部公開させたら面白いでしょうね。
ブログは少しメディアとして見られることが定着しているので、外行きの服を着る感じで書くといいでしょう。

メルマガ
マイナーなイメージのでてきたメルマガですが、その分自分を選んで見る人を限定しているとも言えます。特に有料設定にしておくとタイトルやサンプルを参考にしてくる人はほとんどいませんから、自分から呼びかけた人に見せるものになります。
その分内容はディープだったりあまり外で大声で言えない内容に向いています。

ブロマガ
最近出来た言葉ですがブログです。ニコニコ動画とfc2がサービス名として使っているらしいですが、記事ごとに有料だったり無料だったりを選べることやその他のサービスと合わせてマーケティングできるようになっています。
有料の方にはディープに書いていくというような書き方ができるので、あっちに書いた入こっちに書いたりするのが面倒な人にも向いています。

 配信
youtubeも人気になりましたが、笑える面白さだけではなくインスピレーションを刺激されるような面白いものが増えているのが最近の傾向です。特にMOOCのような動画講習のシステムもあり自分のキャリアを武器にできる土壌といえます。
顔を出す人は特に信頼されやすくコンテンツとして定着しやすくなっています。生配信では群雄割拠というより玉が石に埋もれているような状態ですから、多くの人に見せるには工夫がひつようです。

ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち

ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち



見られるものを作る

イデアを埋もれさせない、アイデアに思考が埋まらないために出していこうというのが今回の趣旨なのでどんどん未完成でも出して欲しいと思います。しかし出すものは活かすのが必然ですね。


磨く
まずは一度出しただけで終わりだと思わないようにしましょう。ブログも動画も何回でも作り直せます。メルマガは回収できませんし生配信では修正が難しいですが、次の回で挽回することはできます。

何度も同じテーマで書き直したり作り直したりしてアイデアを磨きましょう。思いついたアイデアは鯉の餌にもなりませんが、磨かれたアイデアは錦を飾るかもしれません。

さらに出す
一つ出したアイデアで枯れてしまうということはありません。逆に一度出してしまうことで次のアイデアが生まれるものです。どんどん出してどんどん次のアイデアを発見しましょう。

提案する

だしてだして飽きてしまうこともアイデアに自信がなくなることもあります。そんなときのためにアイデアをあらかじめ活用できる相手に提案しましょう。いわゆる宣伝活動ですが見られない吐き出しは社会的価値に繋がりません。今はアイデア以外にも個人的な広報にブログやメルマガをしている人も多いのでそんな中から自分のアイデアが有効そうな人に直接提案していきましょう。

そうすることで新しい発見があるかもしれません。

ちなみに私は思考全般書き出しには元祖のマインドマップを愛用しています。

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) (トニー・ブザン天才養成講座 1)

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) (トニー・ブザン天才養成講座 1)