素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

誰にも負けない完璧なパーぺきな生き方!!

誰にも負けない完璧で鉄壁むしろパーペキで平和な生き方

枕噺

パーペキって昔よく言われてたんですけど記憶が確かならろくでなしな漫画のセリフですかね。
思い出してみるとあの漫画は全部読んだことはなくて特に後半なんて記憶にありません。よし読もうという時に毎回最初から始めて最初だけ丸暗記しちゃう勉強みたいなもんですね。

ろくでなしBLUES コミック 全42巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

いつも何かおやつを食べながらコーヒー飲んでデスクに向かうまさにギークを絵に描いたような私ですがおやつやコーヒーについていい情報があったら教えてください。手に入りにくいものは言われてもどうにもならないのに欲しくなって困るので送ってくださいね♪連絡先はそこら中に撒いてるんですがmailtotadano@gmail.comとか@ht–tadanoとかでよろしくお願いします。

ほらさりげなく連絡先まで載せちゃってものが送られることよりも連絡が来ることをさらっと要求してますね。

普段はこんなブログに色々書いたりあちこちで文字書く事が多いんですが人の相談事も有料でやってたりします。お客さんはいません。大抵知り合いとかその流れの人の話を契約なしで聴いてるだけのやつです。たまにはお金くださいよ。いや食べ物とか必要なものでもいいです。お金より喜びます。

さっさと本題はいれ

本題が遠いですね、一応こんな話をしてる理由はあるんです。どれが?話ですね。いやそれすらどうでもいいからはよ話せよ。
うん。申し訳ない。私はよく話が長くなるんです。普段は聞きに徹する事にしてるんですが、時々盛り上がると自分でもびっくりします。

完璧を求めるから辛くなるんだ

完璧な生き方

完璧な生き方ってあると思いますか。ありますか。親から代々良く生きようとかしてきたはずの私達も全く良い生き方をしてる気がしないのでないのかも知れません。でも其々の時代で良く在ったひとはそれなりにいたでしょう。その時代にあっていただけかも知れませんし思考の結果かも知れません。

あるとすればそれは全ての人に適応するでしょうか、同じように幸せを感じる事ができるでしょうか。パン一つ同じ価値にならない我々は生半可な共通の意思では完璧な何かを得る事はないでしょう。

完璧な正義も完璧な悪もないですよね。法的に絶対罰せられる対象はありますがそれが善か悪かという事に関しては、いまの環境ではそう思うという程度のものですしね。絶対的なものがほとんどないというこんな程度のことは哲学でも何でもなくて生きていれば全ての人が感じる事なんですよね。それこそ絶対的な経験です。

しかしどうしたって人には其々の経験があって、そこから善悪を決めてなおかつ主観的に良いと思う事、自分の利益がなるべく守れるものをしれと選んでいきます。


完璧な生き方は必要ない

誰かに少しずつ無理を強いる事で自分は生きています。誰かが私にお金やものをくれなければ私は生きていけません。必要最低限以外の食事や時間がなれければ楽しんだりする余裕もなくなってしまいます。

宗教家でも法人化するとお金稼ぎはできませんが、食べていかなければいけないのでいろんな方法で物やお金をもらって生きています。もちろん出せコラといわれているわけではなくて優しく出すと幸せになりますよ的に言われるわけですけども。

楽園という言葉で想像する世界ってどんなところですか。私はエデンとかそっち方面で見聞きした物が強くて半裸の男女が水場のまわりで果物かじったりしながら笑ってるわけです。
それどっから手に入れたのさ。いや果物は木にずっと生ってるのかも知れないですけども。その生き方って本当に楽しいか?と言われればある程度の人は楽しめると答えるだろうし無理だと答える人もいるのは想像だけで十分です。

仕事に打ち込んで満足な生活をしていても家族も成果も周りの全ての人が同じように満足だなんて事はありませんよね。同じように不満足であるとは言えるかも知れないですけどね。


完璧な心

人間というのは不便な物ですよね。いつだってにこにこ出来れば幸せだろうにちょっとタンスの角に小指ぶつけただけ悶えますしそのまま笑ったり泣いたり大変なもんです。
しかもいつもなら肩に手を置かれても何も感じないのに自分が不機嫌だとそれだけで殴ってやろうかと思う事だってあるらしいです。そんな人を見ながら大変だなぁと思いつつ話を聞いてる私です。私は周りの人に比べると怒りや悲しみの領域が狭いらしくて出来事がそこに触れることはないんですよね。

かといって幸せな人というのは怒らないわけでもないしむしろよく怒る人は発散できていたりよく喜ぶこともできたりして幸せに見えることもあります。笑えれば良いわけでもないんですね。怒るのは周りには迷惑ですけどね。

幸せな心ってどんなでしょう。悟り開いたら幸せなのかというと過程も含めて少し違う気もします。みんなで座禅組んでたりするのも面白いですけどね。

完璧な心構え

悟りという物を私は至ったわけでもないのですがそれを心構えと捉えるのならそれ自体は完璧な心構えに近い気がします。それは争いを起こそうということはなさそうですし其々は幸せに生きていきそう。宗教戦争なんてのも一般的なので実際にしなければどうなるかはわからないですが。

どこにたどり着きたいのかというと争おうとしないこと人の幸せを奪おうとしない事。それだけのことです。当然私だけの心構えであって他の幸せについては邪魔する気はありません。
そしてそれはどういう状態かというと自分を押し付けないことが大きいです。因みにこの文章自体は押し付けてんじゃねーのかと言われたら一人で話してるだけであって賛同するも批判するも自由なので押し付けてはいないです。
その押し付けだろっていうところで批判されることもあるんですが違うんでという話と平行して終わらないんですよね。ああいう時の話の終わらせ方教えてください。お前からすりゃそうなんだろうよお前から見たらなwとか言ってもいいんですけどね。


完璧な生き方は

この流れで凡その生き方はみえたでしょうか。みえない?

それはね適当にやろうってことです。

自分を強く持つことは大事なんですがそれは自分の中にあればいいことで周りの人は関係ない。周りの人が文句をいってても大抵悪気はなくて自分の正義の話をしてるだけなんですよね。なのでそれを否定する必要もないし噛み付く必要もありません。

私は自分を出すことを人生で最も重要な事だと捉えていますが発信する事と圧しつける事はべつです。

結局具体策はないんかーい。というとまぁそうです。言葉で表現しても中々伝わる物でもないですし其々の人がちゃんと経験してる事のはずなので。その経験の結果無気力な生き方してる人が増えた気がするんですがそれが以前から変わらないとしたら寂しいです。もし人間に対して色んな諦めがある人はそれも人によるということを注意してください。全ての人は同じじゃないけど大体同じ。この大体ってやつが大切ですね。適当に行きましょう。

そうすれば負けもないです。