素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

モテることをハーレムだと思うばか

最近モテっていう言葉で記事書きすぎてハーレム作ってる人だと思っている人がいるようです。なんてうらやm、情けない!私の言うモテるってのは緩く楽しく生きてね♡が基本である!ハーレムなんて楽しいのは一時的で緩くもないじゃない!ずっと楽しく緩く生きるためには生半可な緩さじゃいかんのですよ!モテるのだって生半可なモテ方にしなきゃいかんのです!

他人に好かれるって楽しいけれど自分の表現が及ばないうちに自分が固まって行ってなかなか表現を進展させるのが難しいんですよね。それは緩くないじゃないですか。私がしたいのは私を私の作りたいように作ること。そのためには多すぎて密接すぎるモテ方は邪魔なんですよ。

私がいろいろ書いていてそれを読んでない人は一つだけ読んでモテ=ハーレムになるのは仕方ないんですよね、毎回全部説明してるわけでもないですし。でも全部読んでます!て言いながらハーレム作るために私のところに来る人ってどうしたの?だいじょうぶ?って思います。多分本当は読んでないんでしょうね。そういえばモテるメリットにもハーレムどころか結婚についても書いてない気がしますね。自分の直近の記事なのに確認すらしないで書いちゃうこのスタンスこそ緩さです。モテるでこの緩さ!関西弁のイントネーションで読んでくださいね。実際に結婚はゴールでもなんでもないのでメリットとは思いませんが愛する人を作りやすいというのはメリットですよね。書き足そうかな。電書にまとめることがあったら足しておきますね。

モテることがハーレムに繋がる人はゲームとかアニメの影響ですかね。みんながやらしい笑顔で迫ってくるイメージ持って読んでるんでしょうか。私のイメージはお互いが爽やかな笑顔で握手してる感じです。老若男女みんなが認め合う関係に必要なのがモテ。極端な人はそんなのが浸透するわけがないと言うんですが、別にそんなに大勢に浸透する必要はなくてどんなに多くても1割あればいい。一つの組織で言えば部署に一人か二人いればモテによる仕事効率は良くて倍悪くて1割カイゼンするでしょう。
会社の場合に限らず仕事をまとめる人間がモテに対しての理解をしてることが前提ですけどね。

モテ=ハーレムな人はMLM=月収100万以上みたいなのと同じですよね。あれも普通に仕事としてやればそこそこまでは稼げるんですが100万というとかなり精力的にやらないと達成も維持もできませんからね。

なんでしたっけ?
こんな記事になる予定じゃなかったんですがまぁいいかと思っているなう。

関係ないんですがナウっていう表現をツイッターが登場する以前から友人相手のメールで使ってたんですが今は使いにくくなってしまいました。じゃあ次は!と自分たちのローカルワードを作ってそれがどこかで流行ってという繰り返しですね。
なので使いはしませんが言葉の乱れがどうのという批判もすることはありませんね。無関心でもなく強行もせずふんわりしていきましょうね。