素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

刮目せよ!ミスタークロワッサンドーナツ シュガー様である!

 ミスド、いや今日はミスタードーナツと呼ばせてもらおう。彼らは侮られている。数々の施策の失敗、値上げ、コーヒー。語られるだけでもその数は膨大である。 しかしことドーナツに関しては語る前に姿勢を正す必要がある。

 これはミスタークロワッサンドーナツ シュガー様である。今更ながら毎度この長い名前をつける人間には暴言を吐かずにいられない、なんせ必要のない長い名前が多すぎるのだ。分かりにくいし注文しにくい。
いやミスクロシュガー様、もう縮めて言わせてもらうが彼の出現は圧倒的である。値段は200円に届こうかという初代のチョコ&カスタードホイップは194円/357kcal。そのカロリーも値段もミスタードーナツで販売される中で最上位である。しかしその人気は絶大であった。

f:id:ht_tadano:20150311142633j:image
 初動では生産が間に合わない店舗もあった。ザクっと入る噛みごたえ、強い油と糖の主張、小さく感じていたミスタードーナツのドーナツに見事満足感を与えていた。


f:id:ht_tadano:20150311142654j:image
 大量のパウダーシュガーでイーストのドーナツと見分けがつかないがその味は別の次元にある。
噛んだ時のザクザクは幾層にもなっているおかけで直ぐに溶けていく。その消え方はイーストと比べれはすぐにわかるものだ。そう、このミスクロシュガー様はイーストの上位と感じられるのだ。これまでのミスクロは全くの別物であったにもかかわらず、このシュガーだけはイーストで言えばシュガーレイズドを進化させた姿。そう思わせるものがある。

 このドーナツにジュースは要らない。コーヒー、ミスドの薄いとかまずいとか言われるこのコーヒーが1番だ。さあ来い。シュガー様はミスクロシリーズの中で最安172円/269kcalカロリーも控えめだ。