読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

好きだからって好きと言うとは限らない。

 

人間不思議なもので素直な言葉ははなかなか聞くことができません。

 

家族や恋人、仕事関係でもその場の自分を無意識に作ろうとする力が働いたりするからですね。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (小学館文庫)

好きだからと言って、素直に好きだと言う人は実は少ないんです。それは悪いことではなく、例えばサプライズや行動で示す!という人だっていますから。

 

しかし好きなんていうのは伝わらなければないのと同じ。私にも経験がありますが、好きな相手への思いをしばらく寝かせてからいよいよ告白だと思ったら、「これまで嫌われていると思ってたから無理」と言われてしまいました。

 

これは特別に好きな人に意地悪したくなる男子の話ではなく、普通にしてたはずなのに!です。まあ私にSの気があるので意地悪はするんですけれども。

 

こと好きに関して相手に気づいてほしいなんていうのはもってのほかです。たまにお互いがなんとなく近づいていつの間にか、なんていうカップルもありますが、それを求めて出来るのは塩を一粒単位で料理に入れるのと同じくらい面倒くさい。

好きと言って [EPレコード 7inch]

振られるときは振られるし付き合えるときは付き合える。かの吉田沙保里さんも、同じ人物に何度も告白したことがあるらしいですがそれくらい伝えないといけません。

 

いやそれで犯罪犯されても困るんで告白は一度でいいし、つきまとっちゃだめなんですけどね。

 

それに付き合ってからも、好きなんて言わなくてもわかるなんていうのは鼻毛出てるのを言わずに伝えるくらい難しいことだって気づいてください。

 

大人でも子供でも関係なく、気持ちは形だけでは不十分で、言葉だけでも不十分なんです。言葉と形、しっかり伝えて楽しく過ごしていきましょう。

 

 

いやあタイトルから書き始めたら中身変わってるきがする!書きたかったことと違う!笑