読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

体の関係で終わる関係はない



パートナーではない相手との関係はある日突然訪れるもの。事前に注意する人はほとんどいませんしパートナーに注意されても煩いと思ってる事が多いですね。心配してくれてありがとうとは思ってもそれが実際に注意につながらないのは他の注意でもおなじです。

今日はそんな関係をもってしまった後のお話。できれば円満に済ませたいもののこじれる覚悟もね。


今日のメニュー

  • 告白をする前に
  • 体から始まる気持ち
  • 自分と相手は別の人間
  • これまでとこれから

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)



告白をする前に

注意するのは不意の関係ですぐにパートナーに告白する事。お酒の席やその時の気持ちなどで勢いづいてしまう事は誰にでもありますが、それを告白されたパートナーは落ち着いていられるでしょうか。
まずは自分がどうしたいのかその関係の相手がどうしたいのか確実にしていかないといけません。

もしどちらもその時だけの気でいるのなら、その後のあらゆる関係は絶ってパートナーにも内緒にしておく方が平和です。告白は自分しかすっきりしない事が多いですからね。

一方相手がしつこかったりする場合はパートナーに告白して謝罪し相手との決別に協力してもらいましょう。

自分がその新しい気持ちに流されそうな時も、実は相手と決別しパートナーとの関係を維持、パートナーには謝罪とやり直しを申し出る方がいいかもしれません。

どうするにせよ大事なのは苦しさや新しい気持ちにすぐに行動に出る愚かさ。やらないよりやる方がいい、のはこういう事にはあてはまりません。


体から始まる気持ち

つながるというのは人にとって大きい意味を持ちます。そのため今まで意識してなくても意識し始めたりする事もよくありますよね。
不慮の関係でもそれは同じですし、相手からすれば不慮でもなくいい口実かもしれません。ただし自分が不慮だと思ってしまうような関係であれば新しい関係として信用できるのかどうかはすぐに考えられるでしょう。

もし芽生えた関係を育むにしても両方一度切ってからの方が角が立たないでしょう。

今のパートナーを大事にするならあらゆる手段で新しい関係を切る努力をしましょう。とはいえ意識し過ぎて自分がつきまとっているようになる事もあるのが悩みどころですね。

体がつながる事で吹っ切る事もありますが、その後の整理には気をつけないとどちらの関係もこじれる可能性があるのでご注意を。


自分と相手は別の人間

それもこれも気をつかないといけないのは自分と他人は通じ合わないからです。もし新しい関係が分かり合えると思ったのなら、それは分かり合えるのではなく一方的に許容されている事が多いでしょう。そのため勢いづいて乗り換える事は一旦やめて落ち着く必要があります。

今のパートナーにしても今は冷たくてもそうではなかった時期があるのではないでしょうか、その原因はなんなのかで解決できる事も多くあります。

相手を変えるには環境を変えるのが一番です。仕事や場所や人を変えましょう。もちろん自分を変える時も同じです。

とにかく理解される事は諦めるのが一番。


これまでとこれから

なんにせよ。幸せになるのはこういう関係の変わり目が重要です。
これからの関係をどうするのか、どうしたいのか、新しい関係をどうするのか、どちらも切る事だってできます。

誰かがいないと幸せになれないなんて事は絶対にない。

できる男は不倫する

できる男は不倫する