読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

言葉よりも大切なものは、

遠距離恋愛は続かない。

不安は触れた瞬間になくなったりするんですけどね。

恋人は同じ社内、校内、近所。

同じ時間を共有できるというのは親密度が違いますね。

電話やメールで済むことも直接話すと意見が通りやすい。

表情が見えると安心感が違います。

一緒に住んでいる相手には言葉が減る。

十分に馴染むと言葉がなくても伝わっていることが増えますね。

マジックリーチャー お助けハンド ロング



頭から言葉と距離の関係を幾つか見てみました。

思い当たることもあるでしょうか。恋愛に関して言えば、SNSなんかで付き合う人も増えましたし実際の距離だけでは分かりにくいかもしれません。

それでもネットにはネット内の距離が存在して、その中で言葉と距離の関係を見つけることができます。

最近ではブログ書きのみなさんも距離が重要視されてますね。ツイキャス始めたりして声や顔をみせています。オフ会みたいなものもその1つです。

言葉だけではわからない表情を得る事が大切なんですね。

距離とは

さて単純に距離と言っても様々です。簡単にまとめてみましょう。
距離において注目されるポイントから、距離の段階は3ステップにわけることができます。

  1. 声が届く
  2. 姿が見える
  3. 触れる

の3ステップです。これだけで距離感もつかめタキもしますが、十分ではありません。
それはネット上での距離感ですね。
説明が必要なのは「触れる」という部分くらいですが、一応しておきましょう。

声が届くというのは見えなくても可能です。通信技術によってメール電話ができるので世界中がその距離に入ることになりました。ネットでも声が届くというだけで想像できますね。

姿が見える距離というのはその状況によっても変わります。声の届く隣の個室かもしれないし見晴らしの良い野原かもしれません。ネットで言えば声や姿をリアルタイムで配信することです。

触れる距離はその場にしかありませんね。手の届く距離というのはパーソナルスペースでもありますから、その時のお互いの距離感は心理的にも相当近くなります。
ネットでは個人間のやりとりもここに含まれます。不特定多数に対する言葉が自分のものだけに変わるというのは重大なことです。
当然、オフ会などの実際に会うことも触れることです。


これらのステップはアイドルの握手会やライブなんかでも理解して頂けますね。当然芸能業界に限らず、営業での距離感も大きいですし恋愛での距離感は大事にしなければいけないことです。


もう少し踏み込んで言えばこの距離感に重要な言葉は「共有感」です。

結局距離は言葉より重要なのか

距離と言葉について見てみましたが、距離が需要であるということしか言ってませんでした。
実は「距離は言葉より重要」なのではなく、「言葉と距離は相関関係がある」ということが事実です。

例えば見えない人に贈る言葉には言葉そのものの丁寧さや、情景を伝える情報量が必要になります。一方手の触れ合う距離では状況の説明以上に触れることによる満足度が高い。

しかしネットでの距離感の喪失や、距離と言葉の関係を知らないことが多くの関係をこじらせてしまっています。この現状では「言葉より距離が大事」であることは間違いありません。

時間が惜しいと言っても特に重要なことをやっていないことの方が多いですし、少しの時間でも顔を見る時間を作る方が安心感が生まれます。そういう時間が作れない距離や状況ならなるべく沢山の言葉と情報で補う事が大切ですね。



ちなみに、マメな人と言われる人ははこの「距離と言葉」を常に全力発揮してるような人ですよね。