読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

それぞれの役割 よくわからない偏

それぞれの単位で役割はどんなものがあるでしょうか。
  • 社会の役割 地球に対して善も悪もない
  • 会社の役割 組織は常に悪意を孕む 一部の悪意
  • 自分の役割 裏表 無駄な他人との比較 

社会の役割

社会から見た一回り大きい単位は地球などです。社会そのものは地球に対して潰れれば良いとは思いません。むしろ困りますしね。しかしその組織を個と見れば自分以外が地球に対して善であれば自分くらいは悪であっても良い。という楽天的で安易な場合もあります。

またほとんどの組織は地球に対して積極的に善であろうとしているわけではなく他の社会や意思に任せている傍観的であります。

会社、組織の役割

会社、組織としましたがなんでも良い複数の人が所属できる組織のことです。社会を回す役割を持っているわけですがそう思って組織されることはまずありませんよね。それぞれの利益のために創造されて、それぞれの正義のために創造されています。
その中には各個人の悪意や悪い感情も含まれています。そういう思いは強いので表に出やすいし敵対する組織からその部分を叩かれます。
またその中の人の多くは組織の善悪を考えるようなことは少ないです。

自分の役割

人はそれぞれが思い思いに生きつつ社会に適応して生きています。それは自然と個人の役割を果たしていることです。本人が意識することはありませんしどこに行ったところで役割がなくなることはありません。
そして個人の中にも表と裏があって善と悪があります。特に確認しなくてもこんなことは誰でも知っていることですね。

そして自分のことなのに熱心にこうしようという意思は普段ありません。いつもの生活に流れていくことが1日のほとんどです。

月刊・中谷彰宏10「空気を読める人が、成功する」――自分の役割を見つける仕事術


地球人の役割は宇宙に対してのなんでしょうね。

自分から見れば組織の中には1人や2人敵がいて当然です。しかし相手からすれば敵ではなく全く別の人を敵視しているかもしれません。組織からすれば内部にも必ずある程度の敵が現れますしどちらも敵 かもしれません。

敵だから排除しようと思っても何故か同じ割合で敵は生まれますし、同じように味方も生まれます。
組織においては、あまり関わらないこと、敵のまま反対意見のディベートとして利用すること、あまりに酷い敵なら逃げることしっかり見極めていきましょう。