素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

幸福を安定させる方法

幸福は続かないことをご存じの皆様こんにちは、幸福でしか無い私です。

近頃幸福感についてよく聞かれたのでこんなことばかり書いてますが、幸福感を得たことの無い人はいないのでは無いかと思います。先天的な理由で全てを不幸だと感じるような体質でも無い限りね。

富と幸福の探し方


しかしどれだけ幸福な人でも、それは永遠ではありません。どれだけ幸福の絶頂にいようとも、頂点は一瞬で通り過ぎてしまいます。登った山は下るし感情は一定ではありませんものね。
そんな幸福感を知るとどうしても結局悪い方に行くと思ってしまう、結局いいことは続かないと思ってしまう人はいるものです。というかあなたです。そして私もです。まぁ結局全員です。

だからと言って幸福であり続けることができないということは違います。

たとえば麓から見れば山は山であるが登って仕舞えば下り坂である。地図を見れば遠いあこがれの地も行ってみればただの一都市である。そんなことは改めて言わなくてもわかっているのに感覚はついてきていないですよね。その感覚を安定していくように仕向けてひたすら幸せを感じましょう。

しあわせは安定しない

さっそくネガティブなことから始めてすみません。幸せってやっぱり一時のもので続きません。続いていても人の感覚はげんきんなもので、慣れればもっといいものでなければ幸せを感じられなくなります。
それはどうやっても変わらない動物としてのものであるし、生きているものとしての摂理ですね。

不幸も安定しない

そういうと一方だけのことは言えなくて、不幸だっていつもずっとひたすら不幸なわけありません。どん底は一点で海溝にも底はあっていつか流れは変わります。たくさんの不幸を集めることはありますが、何から何まで不幸に見えるだけで感じるだけで抱え込んでいるだけです。だからどうにかできる!と簡単なものでもなんですけどね。

だからやっぱり幸せなんだろう

ということで、不幸がなければ幸福も無い幸福がなければ不幸も無いという感じが見えてきました。

おいばかたれ結局不幸は不幸で幸福が安定してないじゃねーか。

ああそうでした。幸福度増したり安定させる話でした。では先ほどの話を振り返っています。麓から見れば壮大な山も登れば下り坂でしたね。つまり登らずに常に麓から見上げつづけていればこうふくなんじゃないのか。たとえばあえて収入を抑えて税金を抑えている主婦とか、仕事を抑えて生活保護とか優遇措置を受けるとかぃうもので幸福感を得ている人になる。

どうです?

本気でしばかれそうなのですぐ謝っておきます。ごめんなさい。うそです。ばかにもしてませんので許してね。かと言ってめちゃくちゃなことを言ってるわけでも無いわけですが見える景色を変えろってことです。

山を登って頂上なら次の山を探せばいい。山がなくなったら飛べばいい。空を埋め尽くしたら宇宙に行けばいい。それだけのことです。ほら簡単でしょ?だってほら同じ事ばかりじゃ感じなくなる不便な体と脳みそ持ってるのが我々ですから。便利に使う工夫しないとね。


一歩引いて次を見つけるゲーム

もしも全然幸せな事が無いとしても、無いもの探ししなくても幸せは幸せですし不幸は不幸です。大切な人が亡くなれば不幸と感じるのが普通ですし、そこでメリット探す人気持ち悪いでしょ。他人に起きた事になら幸せじゃんって言えることを自分にもいう。不幸な事なら無理に幸せにしなくても登れば幸せになる。

それまでは泥沼の中にとどまらずに端からそんな事もあるのかと思う。不幸な奴だけどこんな事もあるだろうよと他人事に見える距離でつぶやいてみる。不幸な人はどうしても自分を不幸のどん底に落とすために不幸の真ん中で不幸を叫ぶような事を自らしますよね。

一歩引いて幸せなら他の山や空を見る。不幸なら登りながら他人事にでもしてみる