素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

ノマドでもスーツを着る

朝晩寒かったり陽が当たって暑かったり着るものに悩む私です。
仕事着がないので楽ですが、スーツを着ていた頃は暑がりなので一年中春夏物を着てコートは見栄えのためにいつも手に持っていました。

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで


ノマドをしている人は外にいるわけですが、スーツを着ている人はあまり見ません。かといってジャージやTシャツ姿を見ないのは都市部だからかもしれませんね。

私は元々暑がりで着ていられないという事がなければ、ノマドでもずっとスーツを着ているだろうとおもいます。ノマドにスーツは似合わないものですが何故そうしようと思うのかメリットなんかを見ていきます。

スーツって

そもそもスーツってなんですか。日本ではイギリスの地名から背広とも言われますが、元々は仕事着全般をさします。公式の場や格式ばった場面で海外の方が来ていた事から、国内でもビジネスの場で広まりました。

スーツの形式は様々で言ってみれば堅い場面で着る洋服のことです。
イギリスでみるとキジ狩り、乗馬にも、スーツのような服を着てますよね。中に着ているシャツ
元々は肌着ですし、今でもシャツの中にシャツが必要なのは日本の気候や風土の影響ですね。

書いた通り海外では今でも格式ばった場面で着る一張羅や、堅いビジネスの場面で着る事が一般的で常にスーツを着ている日本のサラリーマンは異様に見えるそうです。逆に普段から着るせいで公式の場で着るスーツがだらしない人が多いのも日本人の特徴かもしれません。

スーツを着る場面

日本ではサラリーマンの大半は着ています。朝のラッシュではスーツをもみくちゃにしてみんな頑張っていますね。しかし先ほどの通り海外では少々格式ばったものです。日本でスーツに緊張感持ってるのは就活生くらいのもので一年もすると学生の制服と変わりません。あれも元々かくしきがとかいいだすと面倒なのでやめておきましょうね。

場面でいうとパーティーや冠婚葬祭など堅い場面できる事も日本に取り入れられています。しかし大抵は黒ければいいという程度で細かい事を言う人は少ないですね。

きて欲しい場面では、ビジネスでの交渉や相手合わせた場面では普段着ていなくても着ていきましょう。ホテルで行なわれる催しなどではホテルが貸し衣裳をしてるので借りるほうが無難かもしれませんね。
 

日本では仕事着

日本では完全に仕事着と化したスーツですが、営業でなければ基本着なくていいのがスーツ。一着
仕事場に置いておくと来客などの対応にも困りませんが楽な服が一番ですからね。

ただ、空気に乗るのが得意な日本人はスーツ着る事を仕事に入るスイッチにしていたり、スーツを着ていないと不真面目だと思う人もけっこういるもんです。私はいいけど周りがねーとか言う人も結局同じ効果でスーツを強要しているようなものなので、自分がいいならそれで済ませてほしいですよね。

ところで日本ではほとんどのサラリーマンが着ている理由を1つ付け加えておきましょう。それはこれまでのようにスーツがある程度堅い服であることを知っている人たちがあえてサラリーマンたちに着せたことにあります。それはハッタリのためであり、場面を作るためであったわけです。自然ときている人たちは意識していませんが、海外の人が知らずにスーツの人とビジネスの話をするだけでよかったんです。それだけで権限を持った人が話してくれているような気持ちにもなり、信頼かんがえられたんです。

ほんでノマドはどうした

着るだけでちょっと姿勢を正さないと着にくいスーツは外でも勝手に姿勢良くしてくれます。突然の商談などはノマドにあまりないですが、そういう時にもスーツは役立ちます。それにスーツでノマドしてるとちょっとだけかっこいいんですよ。

スタバでノマドるなんてときは特に見られるのできをつけないとね。誰に見られてもかっこいのはお得なんですよ。

ビジネスファッションルール 武器としての服装術

常識以前の仕事のルールとマナー (ビジネスいらすとれいてっど)



仕事着とは
見た目は大事
気持ち