読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

私がブラック企業に入ったわけ

ブラック企業に入ったわけ


 法律違反もあるかもしれないけれどギリギリの所で働く側が求める一点のために企業側が他のお条件を厳しくおつけになっていらっしゃるテヤンデイ企業のこと。これをブラック企業と一応言っておきますね。
 基本的には企業はコストを下げないといけないんですが、これまでしてきた仕事の中でその作業をカイゼンするのはなかなか勇気のいる事でその結果人件費が回っている場合があります。また始めからこの仕事はこういうものだ、仕事に対する熱さは押しつければ生まれると思っている場合もあります。

 こういったブラック企業に入って私はなにがしたかったのか、しかもブラック企業であることはわかっていて何故入ったのか見ていきましょう。

うちの会社ブラック企業ですかね?


たまらない欲求!!

 私がそこに入った理由で一番大きかったのは飛び込みたかったからです。なんというか私自身はドMでもなんでもないんですがそういった企業の中身を知りたかったんですね。知るというより体感したかった。なのでそのうち辞めることは始めから決まっていた、決めていたと言えます。そのおかげで気持ちが折れなかったり安定していた面もあるでしょう。

 ブラックで多いのは心がおれる事ですよね。
 そのまま辞めて元どおりなら良いんですが、治らない人が多くいる所が問題です。たいていの問題を抱えた人は辞めてますから企業が痛手を負って見直すなんて事もあまりありません。

 私の場合はそういう人も会いたかったし、それをする運営側はどう見ているのかも見たかったんですね。

 私の入ったのは個人向け飛び込み営業。
 客も当たりがきついですし成績がもろに収入ですし数字でしか評価されません。半分は仕方ないと思いますが成績がよくないと改善策も出せない環境でした。

 あ、愚痴じゃないですよ。そういうものだとおもって入ってます。ただそれを当たり前だと思うのはその環境しか知らない人なんじゃないかと思います。
 私個人はこの環境が楽しかったですね。ほとんどが年下で上司も年下、稼げないときはその上司におごってもらうプライドのなさ、がむしゃらに走り回るスポーツ的営業、終電で帰るとなんで帰ると怒られる熱血さ全て楽しい。

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する


営業

 さて私が入った理由の1つは営業です。
 よく営業が嫌われる理由は ノルマがきつい 出来高がきつい 飛び込みがきつい 歩き回るのがきつい などがありますね。私の入った所はまさにこの全てを兼ね備えていました。また車のディーラーや保険などをやる方は客に合わせて動くので早朝だろうが夜中だろうが呼び出しに応じてるイメージですね。

 そもそも仕事において営業のない仕事はありません。どんな仕事でも何かを売り込まないと稼ぎになりません。そのためには営業本やんで学ぶのも良いんですが、接客を意識した話し方は接客をする事でしか学べないであろうとおもったわけです。


稼ぎ

 営業職で多いのは出来高制の給与形態です。成績が上がらなければ生活もままならず貯蓄ができないのでやめる事もできない泥沼にはまります。もしこういった人がやめるとすれば1年以上働いて保険で3ヶ月生き延びられるようになったときでしょう。しかしそれも大きな収入にはなりませんから病気があったりローンがあると詰みますね。

 その代わり大きく稼ぐ事のできる人は数100万稼ぐ人も多くいて、こういう人は後々企業したり講演するような人になってる事もよくあります。弱者の気持ちはわからなそうですけどね。

 私はといえば可もなく不可もなしといった具合でしたが、体調を崩せば即終わりというなかなかハードな環境は、自分が陥るまでその怖さをかんじていませんでした。

また会社によっては保険屋さんのように業務委託の形をとるところもあります。その場合の保険や税金に関しては自分でやらなければいけない事もあり勉強としてはよく面倒でもあります。業務委託になると一見所得が大きく見えるのも注意が必要です。


就業環境

 ブラック企業で多い環境としては仕事に対する熱を要求される事がおおいですね。取り組み方はそれぞれですし、どれだけそういう人ばかりにしようとしても熱は冷めるものなんですけどね。
 私の場合はその場では熱がありそうに振る舞ったり、そう見えたりするのであまり困らないんですがそうでない人はそこにいるだけでどれだけ辛いかと思います。例えば文学部ののりでサッカー部に入るとかその逆といった感じでしょうか。

 いかにその環境で学ぼうと思ってもそれじたいを拒否されるような状態はなかなか辛いですね。また意見は全て成績によって見られます。成績がよくなければ何を言っても拒否される事が多く、何かを変えようと思っても難しくなるでしょう。無理だとは言いませんけどね。


顔の広さ

 私が営業になって欲しかった能力の1つは人当たりです。飛び込みでは知らない人に常に話しかけますし、その瞬間に壁をとっていかなければいけません。それはどんな状況でも生きる能力ですし楽しく生きる能力でもありますよね。人がいなくても生きていけるという人はまずいません。


 それが辛くても結構慣れるもので、しかも慣れるとすごく楽しいんですよね。接客もそうですが色んな営業職を一度はやってみてはいかがでしょうか。


さて色んな話が混ざりましたが私がブラックに入った理由はいまいちわかりませんでしたね。
しかしブラックだからといって何もかもが悪いという事ではなく、法的にはアウトなところもありますが得るものもいろいろあるという事で転職前提ではいってみてるのもありですね。