素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

褒めるポイントと注意

私はよく話し相手を褒めますが単純にすごいとか素晴らしいとかいうことが多いです。一番多いのはさすが!ですかね。語彙のなさがにじみ出ていますね。
上手く相手を褒められると、自分にも勿論返って来ますし相手も伸びるしいい事が多いですよね。逆に褒め方によっては相手を馬鹿にしたように聞こえたり下に見ているように思われたり行き違いになることも多いです。

あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール (アスカビジネス)

褒め方のテクニックはどんなものでしょうか。


  • こだわっているものを褒める
  • 気にしていないところを褒める
  • 他の人に褒める
  • 感謝にして伝える

こういう感じでしょうか。こだわりはもちろん褒められると嬉しいものですが、本人が気にしてないことを褒めると、自然としていることが良いという気付きと細かく見られている嬉しさなども付加されます。また本人ではなくそれとなく周りの人に褒めを伝えておくと、回って伝わった時に信憑性が増したりしますね。また褒めるというのは実は言葉が難しいので、感謝にするとうまく伝えられることがあります。

注意

逆に注意点は何があるでしょう。

  • 他人事にしない
  • 明確にする
  • バリエーション

褒めて嫌われる人はとにかく他人事です。自分は何もせずにほめても偉そうにしてる人になりますし、心がなさそうに聞こえる人もいますよね。
褒める時は明確に何がどう良いのかわかる方が伝わりますね。同じ褒め方も続くとマンネリしたり信憑性が下がりますよね。

口ベタでもうまくいく! ほめ方の極意

さらに

褒めるポイントは実はこんなところじゃなくて言葉以外の表現による部分も大きいです。抱きしめる、肩を叩く、声を大きくする、目を見開くなど目に見える情報や触覚が大きなポイントになります。
出来る人はなるべくハキハキと大きく強く、笑顔で。そういった表現が苦手な人はいつも以上に静かにゆっくりと。つまり普段の言葉や会話とは変化をつけるといいですね。