素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

3人目で結婚しよう

今まで何人と恋愛しましたか?まだ0?それとも二桁超えてますか。
もし結婚をするつもりが少しでもあるなら、その相手はこれから3人目の相手にするといいでしょう。

結婚の条件

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

経験で学ぶ

人は頭でわかることと経験で理解していることが違うことがよくあります。わかっていても同じ失敗をしてしまったり、情報としてはもっていてもいざという時に使えなかったりしますよね。それは恋愛でも同じことです。初めての相手とそのまま添い遂げることが出来れば素敵なことですが、嫌になった時に別れるハードルが低い現在を考えれば少し経験を得てから結婚を考える方がお互いのためではないでしょうか。だからと言って結婚の経験を何度もしたくはないだろうという前提ですけどね。同性結婚ができたり実質婚の権利が主張しやすくなったりと結婚の形式も幅が広がってますし離婚が×じゃなくなることもあるのかもしれませんね。

諦め他人任せモードにならない

なぜ3人目で結婚なのかというお話ですが、経験は多い方がいいでしょうか少ない方が良いでしょうか。特に人間関係に関しては増えるほど人間に対して諦める人が多くなりがちです。男は女はと言う人も言わない人もやはり経験を積んでいると諦めが見受けられます。しかも諦めているのに全てを依存しようとしている人が多く見えます。
相手に対してどうせやらないどうせできないという言葉が多いのに、なんでできないなんでやらないという文句も増えるんです。

経験が少ないことはもしかすると良いことです。誰とも比べることができないんですから自分との生活にだけ集中できます。しかしそれは相手にとっても自分にとっても不幸なことです。その世界しか知らない生き物はどうしても萎縮して生きてしまいます、そこから出ようとはなかなかできません。

2人だと違いを比べることしかできない

細かく見ていくと2人目でも一度は経験してるんだから良いじゃないかと思われるかもしれません。
しかしその前に1人しかいない状態はどうしてもいろいろ比べてしまいがちです。世界には70億も人がいるのに2人という経験は世界を広げるどころか小さくなってしまうことさえあるんです。それならまだ初めての相手と結婚してテレビの中の誰かと比べている方がいいかもしれません。比べられるのも比べるのもあまり幸せに近くはない行為ですね。

1人だと信じきるしかない

初めての人と結婚まで行く幸せはかなり大きいように思います。なんというか奇跡感もありますしね。運命感じちゃう系です。しかしもし結婚してから辛くなったらどうなるでしょう。他の人のことは分かりませんからその相手の言葉に乗るしかない人が多くいます。DVがあったとしても認識できない事もあります。まぁそれはひどい例ですが、パートナーという檻から中々抜けられなくなってしまうんですね。息抜きの仕方もわからなくなるとひどいもんです。
少しずつ合わせる事のできなかった人はある日突然ハッチャケて崩壊してしまいます。

四人以上は自分を軽くする

経験が多い事は日常ではいい事です。いい事だと思います。しかし恋愛に関してはそうとも言えない事が多く出てきます。自分の感覚が麻痺してしまって恋愛という状態がわからなくなったり、知らない間に理想の状態を求めすぎてしまったり。
そして更に進むと相手に対する要求が膨らむのと同時に自分に対して甘くなっていきます。自分は何もしたくない相手に全てしてほしい、そういう状態になれば結婚なんてでっkそうにありませんよね。

さいごに

どうでしょう?人にある程度決められている方が結婚に踏み込みやすいですよね。最近はプロポーズの代わりに子供作る人たちも多いんですが、まぁタイミングが良ければそれもありです。ただ子供作れば結婚できるわけでもないので女性からのプロポーズもする方がいいと思いますよ。

あと、人は失敗するものだから許容してあげましょう。自分も知らないうちにたくさん許容されていますから。もう一つ自分のできることをしましょう。
それが出来れば3人なんてこだわらなくていいですよね。