素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

すべての悩みを無くす方法

いろんな方の悩みを聞きます。お金をもらって聞くこともありますしただ聞くだけの時もあります。それらすべての方ではありませんが、永久的にすべての悩みを解決する方法を伝えることがあります。そんな時のお話です。

悩みとは

悩みとはわからないことがあったり、わかっているが選べないときの状態を表します。人によっては悩んでないと言いながら自分が思い苦しんでいることに気付いていない人もいます。もちろんそういう人は誰かに依頼することはないので、普段の会話に漏れ出る部分に気付いてもらうか気付かれるまで苦しむことになります、それを見てしまうとどうにも寂しくなったりしますよね。


悩むとどうなる

答えが出せない状態は状態の重さによっては日時用生活にも影響します。仕事に行けなくなる人もいますし、そのまま命を投げてしまう人もいます。
普段の生活に支障ないレベルであれば時間とともに解決したり、悩む内容自体が消えてしまうこともあります。晩ご飯に悩む何て言うのは時間が解決するわかりやすものというと悩みというものは軽そうな気がしますね。

悩みの個人差

悩むことは同じでも感じる人によってその重さは全く違います。晩ご飯に悩むのでも笑って悩める人もいれば真剣に命がけで悩んでいる人もいます。幸い晩ご飯で亡くなった方に出会ったことはありませんけどね。
しかしそれくらいの差があることはわかっていただけるでしょう。特に自分のことになると周りが同じ悩みの時は笑っていたことが突然重いものになったりすることは誰にでも経験があるものですよね。

結局どうするの

人間全部違うんだから勝手に悩めよ。ということに近いかもしれません。ワークでは少しずつ進むので解決することも多いんですが文章では一時的な気分を上げたりすることが多く、結局悩みに連れ戻される人は多いのも確かです。
簡単に言えばこの答えは悟りを開けということに似ています。仏教的な言葉を使ったので仏教の初めて悟りを開いた釈迦、つまり仏陀の話をすると。彼も最初は部分的な悟りでした。そして徐々にその範囲が広がりすべてを悟ったんですね。悟りとは執着すんなよということです。
今回のことに限らず今悩んでいることに執着している自分に気づけると突然なんということもなくったりするんです。

執着しない。
悩んでいる時は最も執着している時だといえないでしょうか。悩みの原因であるものに思考を占領させそのことに心を奪われている。その執着に気づくだけで部分的悟りのようなものを手に入れられるというおはなしでした。