素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

ガッツリ食べることが美味しそうだという風潮

インターネットでも度々パートナーの悪癖として話題に上がる食べ方ですがどうしてますか。本人はいいと思っていても相手が嫌だと別れる理由にもなります。私は美味しく食べている女性が好きなんですがその食べ方が汚ければ魅力も半減、ひどければマイナスになってしまいます。

そんな気になる食べ方の一つが大口でガツガツ食べるもの。一見美味しそうですし勢いがあると元気に見えるんですが私は好きではありません。大口でパクパク食べていくことが下品だとか言うわけではなく、美味しさを損なってるな勿体無いなと思うんです。

米好きか?
米主義とでも言えそうな最近の日本食で、テレビではドラマもアニメもグルメ番組も全部大口パックンです。米と食べるのが美味しい!!という主張はバカなのかと。周りの米好きという人にじゃあ米だけでどうぞと言ってみるとほとんどの人は無理だと言います。好きじゃないんじゃないのか?逆に米が進むと言うおかずを米なしで食べてもらっても途中で入らないという人が少なくありません。味が濃いからですね。
米の美味しさはそれだけで食べても充分にあるし数回噛んだだけで飲み込むガツ食いでは充分に味わからないでしょう。
お米を楽しむと言いながら濃いめの味付けでガツ食いのものが多く紹介されたりするのは少し寂しいですね。

なんで噛まないの
ガツ食いの人たちは基本的に噛みませんよね。噛んでも数回です。ガツ食いの人に30回噛んでみてと言うとまずドロドロになっちゃうよと返されます。それでもやってもらうと全然噛み残しがあることに驚きます。米でやってもらうと味にびっくりする人もいます。別に噛む行為は潰しきる必要ないので噛み残しはいいんですが、30回くらいじゃ全然噛めないことを知らないんですよね。
噛むことと少し違いますが、ゆっくり口の中に食べ物を置いておくと凄く美味しい。美味しいものはどんどん美味しくなります。それは舌を目一杯使う事と匂いを感じるからです。ゆっくり食べる方が美味しいんですよ。

テレビでは食べてすぐにコメントしなければいけないのであまり噛みません。コメントするためになるべく一口に入れて飲み込んで話す。
ごく少数の番組ではゆっくり食べる姿も見られます。

日本食の幅
最初に勿体無いと言ったのは食べ方がワンパターンで楽しめる食事の幅が狭いだろうということ。食事は見た目、匂い食感、味、飲み感などの美味しさの指標がありますが空気もありますよね。その場にあった空気。静かなお店で懐石を食べようとしてがっつこうと思っても楽しめませんし口内滞在時間が短いと美味しく食べられません。逆に牛丼を食べるのに小さくゆっくり食べても空気に合わないし充分に美味しくないでしょう。多分懐石なんかは外国の旅行者の方がちゃんと味を知ってるんじゃないでしょうか。勿体無い。
ガツ食いすると箸の使い方も下手な人が増えていて、魚が食べられなかったり箸の上にのせるだけの人が増えた気もします。そうすると余計に懐石のような料理は食べにくいですよね。

さて個人的にはクチャクチャいわせながら食べるような人でなければ気にしませんが、色んなものを楽しめる人が好きですよ。いつも以上に雑な文ですがここまでありがとうございます。

おいしい食べ方 いけない食べ方 (TJMOOK)

図解 知ってるようで知らない食べ方の常識

日本一おいしいお米の食べ方

ついでに言うと綺麗な食べ方、ガツ食い両方できる人は魅力的ですよね。モテる。