素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

モテナイ男の特徴、頑張ってるのに。

モテ本を買ってその通りにしてるのに彼女ができない、カッコ良くしているのにモテない、頑張ってるのに笑われる、そんな人を良く見ます。その結果女なんてと言い始めたりどうせモテないとふてくされたりします。そんなもったいない事はありません。世の中には一晩に何人もの女性を相手にする人もいれば、毎日違う女性とデートする人だっています。しかもそういう人が常に顔面偏差値が高かったりスラッとしてるわけでもありません。ではなんでそんなに差が出るんでしょうか。

幾つかのモテない行動を元にみていきましょう。
バックオーライ
まず車でデート、ただの足としてかもしれませんが強制的に距離を縮める事のできる車は重要です。そこで失敗した人は。
「助手席に手をかけて後ろを確認しながらバック」
かっこいい仕草、どきっとした仕草として有名なものですが普段やらない人がやると辛そうです。バックしにくいならいつも通りでいいよと隣の人は思います。普段からやってても近くにくんなと思われる事もありますけどね。自分の求めるカッコ良さの中で想像上の自分の見た目が実際と離れるとはたから見ても違和感が生まれます。


タバコぷかぷか
普段吸ってるタバコもカッコいいと言われたりいやがられたりします。最近はマナーにうるさいのでポイ捨てで踏みつぶすと嫌がる女性も多いですね。吸っている姿も好みは色々なので嫌われることも。ただし、「その吸い方変」と言われたらそうかと受け入れましょう。お前にはわからんのだって言えるほどあなたはモテてないんだから。


ユーモラス
面白さを求める人は多いんですが、方向性を間違っている人も多いです。人をバカにしたりけなしたり、そういうのはユーモアとは別のものなので相手は合わせて笑ってくれるだけかもしれません。時々笑わないと怒る人もいます。ビックリしますがそういう人は相手が笑って欲しい時には笑わないですよね。


オラオラ
女性は引っ張ってくれる男が好き、強引さがある方が好きというのはよく使われます。しかし勘違いした強引さに困っている人もおおいですね。⚪︎⚪︎なんだろ?と言われて否定しても隠すなってとか言って自分の妄想押し付けちゃう。そんな人はその後連絡もれなくなってるかもしれませんね。最近流行ってた壁ドンも勘違いした人がやるとただの脅迫行為。それやっていいのはごーーーーく僅かの人だけですよ。


その他にも
ニヒル 渋い クール と言うのは自分で演じているものと周りから見た状態がズレていると笑いにしかなりません。その笑いも残念な笑い。芸人さんでそんな人がいますよね。


こういう間違いに施す対策は「かっこ悪くしない事」「カッコ良くしない」ことです。

印象力で夢をかなえる。 (単行本)

伝説の気づかい (単行本)

SPA!文庫 なぜかモテない男の致命的欠点108 (SPA!BOOKS)

モテしぐさ99