素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

櫻井翔「時々愛が溢れちゃう」溢れる愛と浮気と仕事

しっかり見てなかったんですがテレビ番組で嵐の櫻井翔さんがそんな事を言ってました。
昔の話だそうで若い時なら感じる事かもしれませんね。愛が溢れるって素敵だと思うんですがどうですか。
それを判断する前に愛が溢れるってどんな状態でしょうか。
例えば好きすぎて食べちゃいたい!も溢れてる感じがしますが、これは一線越えると殺したいになりますね。そんなことは犯罪だからと抑えられるのはいいことですが、時折あるのが法律より愛の大きさが勝る人たち。これはその瞬間まで危険を感じないというわけでもないのでお互いで話すかその前に家族や友達に話す方がいいですね。警察はこの段階では何もできないので。
もう一つ残念なパターンは1人じゃ私の愛は受け止めきれない!というもの。よく見ます。この場合はどうやって受け止めようと頑張っても浮気は止まりません。ほとんどの場合は浮気の後付けされた理由にすぎません。

溢れる愛が仕事に役立つ、若しくは必要だということもありますね。
例えばアイドルはすべてのファンや視聴者を愛することで魅せられる表情や言葉があるので、根強いファンがいる人というのは溢れているのかもしれません。
一般てな仕事でも溢れる愛が役立ちます。営業やサービス業です。従事者は目の前にいる顧客に愛を注ぐことで製品よりも自分の信頼で納得してもらうことができます。商品がよければいいよりも目の前の人間を見るというのは人間の性かもしれませんね。

こう言ったメリットやデメリットも含んだ溢れる愛ですが、与えたこと与えられたことがありますか。

私は与える方です。私の場合与える相手を分散することも犯罪にする気もないので相手には重たいものになるでしょう。重たい愛というのもデメリットとして数えられます。うまく折り合いの付いた状態をだす自制や理解してもらう相手が必要になります。

人気者の嵐の櫻井翔さんなら溢れていても喜んで受け入れられそうですね。

マザー・テレサ あふれる愛 (講談社文庫)

嵐 櫻井くんの120%全力主義 -ハードワークが気持ちいい?!! 14のコトバ-