素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

2人の良い関係は距離次第。

恋人でも夫婦でもまたそれ以外の人間関係でも、人はふと離れてしまうことがあります。あとで考えればなんとでもなったことなのにその時はもう何とも回避のできないものとして認識してしまいますよね。
それが次の出会いに活きる、成長できるのならともかく全く変わらないなんてことの方が多いです。私が相談に乗る人達にも、傷ついたら傷つけ返す事で結局そういった成長が無くなってしまっている事が多いです。そんな時は少しお話を聞いた後良心からの言葉と辛さからくる言葉を出してもらって選んでもらいます。

しかしそれは菅家映画終わってしまった人の話です。関係はだれとでも続くわけではありませんが、ピッタリ合うような事は稀です。ピッタリとは言わないが続けて行きたい関係の人に必要なのはいい距離です。

付かず離れずお互いの距離を作れる事が重要なのは、お見合い結婚は長期では良い関係が続く事が多い、教師と生徒や上司と部下のような関係もいい状態を作りやすい事からみられます。友達のような関係がいい、何でも隠さずといった関係はとても素敵で羨ましいですがなかなか難しい人もいるものです。

これらの良い関係が持っている特徴は
始めに遠いがしっかりと相手を見る期間があり
その後良いところまで近づくが始めの関係があるために寄り切りにくい
一旦寄ってもまた元の距離に戻れる
といった三点。
いつも三点ですが狙ってませんよ。

逆に言えばこの三点をつくることができれば良い関係でいることができるわけですね。それじゃあ今からそんな関係を作る事はできないのか。出来ます。

その為にはパートナーにも協力してもらう事が必要になります。必ず良い関係を作りたい事が前提であると念を押して話しましょう。何度も何度でも良い関係である事が望む事なんだと言い、一緒にいたいと言い続けましょう。その上で、必要なポイントは

お互いの1人の時間を尊重する。2人の時間を思い出す日を作る。

お互いの時間を尊重する時に失敗すると距離が離れすぎる事が多いです。その為には最初の念押しが重要で、相手へのケアも必要です。自分を大切にするからこそ相手も大切にできる、この事をお互いに感じましょう。

2人の時間を思い出す事はマンネリの防止にもなります。マンネリは慣れによる不感の状態で慣れる事が悪いわけではありません。しかし良い慣れを作る為には2人の始まりやこれまでの事を思い出す事で作りやすくなります。手紙や写真などを決まった記念日ではない時に見直せるようにしましょう。特に喧嘩をした時などが良いかもしれませんね。

お互いの良い距離、ちょうど良い距離で相手を繋ぎ止める首輪にも似ているかもしれません。

【biribiri】絶対服従! 首輪 リード セット お散歩仕様 SM グッズ 拘束

人との「距離感」がわかる人、わかっていない人: “つかず離れず”が人間関係の極意 (単行本)

不適切な距離感