素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

仕事は楽しくない?いいえ。

間違いなく楽しむためです。自分の人生を楽しみたくないという人はいるでしょうか。あなたはいかがですか。もちろん私は楽しみたいし楽しんでいます。私の仕事は一般的なものとは違うのですが、それまでは一般的な企業に勤めていましたがやはりたのしんでいました。
なぜでしょう。
世の中には人生を楽しめない人がいるのでしょうか。辛いことばかり起きる人はいますが出来事と楽しさは関係ありません。友達と遊びに行っても楽しんでない人見たことありませんか。

わたしは楽しむ事は能動的な"行為"だと感じています。つまり自分の思う事をやればいい。

仕事を選ぶとき、はじめは誰でも与えられる事をするだけだ。慣れても自分のやりたい仕事なんか出来ない。無能な上司と同僚と部下の真ん中でできる事なんかない。

まさかそんな事をおっしゃるとは思いませんが、その考えに辿りついているとしたらそれは楽しめなくて当然でしょう。苦しい部活、嫌な勉強も実は楽しめる、この原理さえあれば何も躓く事なく全て楽しめるんです。

ゲームをやった事はありますか、どんなゲームでも構いません。楽しむ事はゲームをやっているようなものです。小さい経験を積み上げて攻略を繰り返す。どんどん強くなる主人公、繰り返される試練と攻略。恋愛ゲーム、RPG、パズル、心理ゲーム、マネーゲーム、アクション、シューティング何でもありの世界一の世界で一度しか出来ないゲームです。

とは言ってもまだ文句はあります。やりたくてやってるわけじゃない。生まれたくて生まれてない頼んでない。生まれたくて生まれる人がいたら知りたいくらいですが、あなたは選ばれ、望んで生まれています。間違いなくあなたが。この解説はまたにしましょうか。

自ら楽しもうとする事に楽しくならない事なんかない。

もしよければこの言葉だけを信じて下さい。

楽しくない瞬間は誰にでもあります。楽しくない経験は絶対にあります。しかしそこに含まれた経験値は何を楽しくするでしょうか。次に起きる何かを楽しくするものが必ず隠れています。小さ過ぎて気づかないかもしれませんが、あなたの体の中にそんな小さな砂金がある。きらっきらの光があなたの中にたくさん生まれ続けている。こんな楽しい事はありません。

仕事はそんな楽しい事の塊です。
因みに仕事にはもっと具体的に楽しむコツがありますが、それもまたいずれ。

ひっぱってるんじゃないですよ。小説以外の長い文章読むのが面倒だと思っているので私の文章もあまり長くしたくないだけ。それとは別にこれどう思う?というテーマがあればくださいね。

happy@work 情熱的に仕事を楽しむ60の方法

happy@work 情熱的に仕事を楽しむ60の方法

仕事を楽しむための101の方法