素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

それでも野良猫に餌を与える。

痩せ細った猫を見かけました。小さい子供と親がこんなやり取りをしています。
「わたしのおやつあげていい?」
親はあげてはいけないといいました。何故でしょうか。

理由としては自分で飼うことができない、餌を与えたら自分で獲れなくなるとか、責任取れないという話でした。

どうしますか。

まずその場にいる猫はどうかという話と子供の教育の話が混ざってしまうんですが、子供に説明できるだけの理由を作ると言うことで考えます。

その猫は可哀想です。食事が取れない猫というのは取ったことが無いのかもしれません。そうすれば飼われていた猫が逃げたとしてもこの状況になるでしょう。飼っている猫でも小さい動物や虫をとることはよくあります(基本おもちゃとして)。捨てられたのなら人間としての責任はあるのでしょうか。

またその時餌をあげたとして猫は生きるでしょうか、数日生き延びて如何にか成るでしょうか。

生き延びたとして、その猫が迷惑である可能性はどうでしょう。繁殖する、糞尿、 病気。

餌を与えることは偽善でしょうか。目の前にある命に出来ることをする事は。

そこにいるのが人間の赤ん坊なら如何するでしょう。



私はその場面に出くわした事はありません。動物を飼う気もあまり無いからかもしれませんが、拾おうと思った事もありません。しかしその動物をしばらく近くで眺めている事があります。与えるものもなく、救う事もなくただ見つめあう事もがあります。
拾わず餌を与える人を私は批難しません。保健所に連絡する人を批難しません。しかしもし飼っていたのなら逃げれば生きていけ無い事も考えて下さい。自由にすれば幸せがあるわけではありません。



ちなみに地域によっては動物保護組織があるので今はスマホですぐに検索もできますし、そういった場所を探してあげる事が私に出来る最善なのかと今は思っています。