素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

筋トレをしよう


筋トレしたら起きる良いこと

 あんまり周りの人は話を聞いてくれない。というより身内の話は誰でもあまり話を聞かないものだと思うけど。
 同じ話をテレビでやっていると信じる。ニュースになっていても信じる。その情報源は同じで、こっちの話は誇張も抽象化もしないのにね。そんな話が山ほどある。

寂しいからnoteで書いておく。

有酸素運動と筋トレ

 運動にも色々あるけれど、良いとされる有酸素運動は字のまま酸素を必要な運動でカロリーの燃焼活動のこと。脈が早くなってある程度の脈を維持することでその効果は最大となりどんどん脂肪をエネルギーにしていく。

 一方の筋トレは無酸素運動とかの仲間。その中でもやり方が沢山あるけれどどれをやっても同じなのは乳酸がでまくる。これは悪い奴だから流すんだ!って話が一昔前で今はこいつのおかげで良いことがあるってお話になってます。
 筋トレをすると成長ホルモンが出る。これは美容ホルモンで、健康ホルモン。

筋トレをいつもお勧めする理由

大体お勧めするのは筋トレ。
1. 筋肉が増える。
 筋肉が増えると基礎代謝が増えて太りにくくなる。有酸素運動の効果も上がるし、楽になるので楽しめる。
 筋肉が増えるとすぐムキムキになると思ってる女の子がよくいるけどそんな事は全然ない。女の子は特に体脂肪率下げまくって筋トレしないと腹筋割れもほぼない。でも筋肉がつくと締まるので見た目が細くなる。体重は重くなるけどね。重さより見た目でしょ!?
 肌を露出する夏の海やプールでは直前に少し筋トレするとパンプアップっていって暫く筋肉が盛り上がるので男性にはいいかも。
※何歳でも女性を女の子って言うのはダメですかね?

2.成長ホルモンが出る。
 成長ホルモンは年々減ります。その名前から体の成長に目が行きやすいけれど効果は様々。体の修復にも働くので怪我が治りやすい。それは肌の状態修復も。つまり美容にもいい。他で成長ホルモン出そうとすると寝る事を頑張らないといけない。寝るのを頑張ると眠れなくなったりするから頑張れる事を頑張ろう。

3.その場で出来る
 筋トレは大体どこでもできる。部屋でも外でも気が向いた瞬間に出来る。効果のことを考えたらちゃんとした時間と場所を作る方がいいのは当たり前だけど、気にしたら結局やらなかったりするから気にしない方がいい。自分の力や重さを使ったり、補助にしたりやり方は色々。

4.生き延びられる
 筋力があれば生き延びられる!悪の組織を倒したり、崩れた家を持ち上げたり、崖を駆け上ったり出来る。有酸素運動じゃ悪から逃げ続けて、家の下で我慢して、崖に必死にしがみついたまま耐えないといけない。
 最近は脳や心に対する運動の有用性がたくさん研究されてる。筋トレはストレスにも思考にも効く。ストレスやイライラには運動すればいいってずっと言ってるけど
 筋肉を使い切るオールアウトするとぷるぷるで何もできないので適度にね。

やり方

 お家で。わかりやすいものをやることから始めればいい。腕立て腹筋背筋スクワット。やれる回数やったら時間を開けずに3セットくらいやってみる。3セット目も同じ回数できるなら筋肉には余裕あり。一回に時間をかけるか回数を増やしてみよう。
 筋肉を増やしたい最初の頃は、オールアウト出来るくらいやってもそんなに時間もかからないからぷるぷるしても良ければするといい。ある程度やるともっと負荷が欲しかったり時間が欲しかったりするので折り合いをつけて。
 やり慣れると筋肉が増えなかったり少し目減りしたりする。人間て凄いなと思いながらやり方を変えたりするとまた膨らみ始める。

 外で。手を胸の前で合わせて自分で押し合うのとか引き合うのとか。まあ適当に周りの目を気にしない範囲でね。

注意

 筋トレはあくまで筋肉を増やす作業なので、運動性能に結びつかない事がある。筋肉がついても野球は上手くならないのでスポーツや動きを重視する人は目的を見失わない範囲でやろう。
 食事はちゃんと摂ってる方が効果はあるし、食事は楽しいじゃない。楽しもう。
 目に見えるのは1ヶ月から2ヶ月。2日に一回くらいが良いけれど、筋肉痛や関節の痛みがひどい時は控えよう。

 確認しながら書いてないので嘘もあるかもしれない。でも信じる者は救われる。それが筋肉♪

#筋トレ #美容 #ストレス

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)