素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

一番嫌いな人が一番好き


人間はことごとく違いますね。何年たってもそう感じます。
それに誰も変わらないなとも思います。
だれでも優しそうにひどいことを言っていたり、冷たく優しい言葉をかけていたりします。
なるべくいい人であることが一番いい選択だろうと思います。ただし、いい人は言うことを聞く人ではないということは最初に注意しておきます。

人類みな兄弟


反面教師として最初に参考にしたのは親だったと思います。親から学ぶことは多い。良くも悪くも人間性に大切な時期をほぼ一緒に過ごすのですから遺伝じゃなくても似るのは仕方のないことです。しかし似るだけが人ではありません。学んで、考えて、選ぶことができるので人間は誰もが素敵であります。

親や環境のせいにしてふてくされないでください。何も進まないですから。その間に友達もライバルも恋人も進んで行ってしまいます。なんてもったいない!!!
その環境で育ったことを喜びましょうその環境で考える手段があることは幸運です。

周りには自分以外がたくさんいます。同じ人と何回か話していると自分との共通点と相違点が出てきます。違うことは面白い。違う考えについてこそたくさん知っていく価値があります。自分と同じ考えの狭い世界で楽しむことなんかそれ以外から見ればどうでもいい事です。

楽しんで行きたい!ですよね。

嫌いな人ほど面白い事教えてくれますよ。

嫌いな人がいなくなる! (DO BOOKS)