素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

地方再生の方法考えた

 まずこの政策に関してやってるのかどうかも知りません。その前提でどうぞ。
人口流動の地方再生学
 地方再生でよく言われるのは中小企業に補助金だすとかそんなのなんですが、中小が膨らんだのはバブル期で、今弱ってるところはそれからずっと少しずつ弱ってきたんです。拡大しすぎて専業した部品の数々なんです。
 そんな企業の方々は回復のためにできる作戦はたてられないんですよ。お金は空回りするだけ。世代が変わるときにいい人が入ってたら変わると思いますけどね。
 なのでコンサルタントをつける事に補助金を出しましょう。勿論実績だのがしっかりあることを条件にです。

 次に国内でもっと業種を超えたM&Aを強化します。これもコンサルタントをつけることと同義ですが、その上に勢いのある企業が多角化を試せなどのてんもあります。失敗して捨てられたらどうのと言うのもあるので5年限定契約を先にしてその後のことは用意できるようにしましょう。
 そのうえで、今の企業は社会貢献についてもうるさく言われるのを気にします。上場すると余計に。つまりそれなりに規模があるほど貢献が必要なのでその貢献を文化価値のある企業に出資するということに回していただこうと。

 最後に地方に人を少しでも移動させるのに簡単な人種はIT系個人事業主と働きたいニートです。オタク型ニートはネットさえしっかりしてればどこでも生きていけます。大体ネットで揃うんですから。
 こだわりやさんが多いのもこの層だと思いますが、自然の中で生きる稼ぎを作れればどこどもいけます。また、IT個人事業主もネットさえあればどこでもいけます。なのでネットインフラの整備、携帯高速通信電波の整備をしっかりすればたいていの田舎はこれらにとって邪魔の少ないいい場所なんです。

 さて最初の2つと最後はかなり方向が違いますが、この辺でいかがでしょう。また農業は結構楽しいので例の広告やさんにお金を出してくれたら若い人も集められますよ。

 何も知らない素人が作った政策どうです?
<決定版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書