素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

チャンスを決めつけるとモテる

ポジティヴ魔人な人に言わせると生きてることは全てラッキーだそうで、騙されて借金しようが浮気の挙句家庭崩壊しようが身内が災害で独り身になろうとラッキーだと。

言いたいことがわかるんですが、まあそれはないだろと。苦しい辛い時を後から振り返ってそのおかげで大きくなれたというのはあってもその時にそう思うことは気持ち悪いですね。

しかしある条件下で起きる全てのことをラッキーだとチャンスだと決めると好転しやすいことがわかっています。それはもう決めつけです。なんでもありです。ただ、全てのタイミングをラッキーだというには破綻することがあるので少しだけ難しい条件でもいいと思います。

まず決めつけの効果について説明します。人間の脳は慣れを好みます。なるべく同じ作業をひとまとめにして何度も考えずに同じ反応が出来るように洗練されて行きます。それはパブロフの犬のようなものでご飯といえばヨダレが出てくるようなことが常に脳内では行われています。
コンフォートゾーンと言われるものもそんな原理の一つです。それを利用して精神をいい状態に持って行くのがこの決めつけの効果です。

実際に緊張してトイレに行く、甘いものを食べてストレス発散、人前で汗が止まらないということを慣れさせてしまい同じ結果から抜け出せない人がいますね。それらを逆手にとってトイレに行った後は緊張が流れて行く、甘いものを食べたら血が巡って運動したくなる、汗が出てくると頭の回転が早くなるという事を知ればその結果はおおきくかわります。

知れば、と言いましたが、実際にはそれを自分の新しい常識としていくわけですが。
つまり、うまくいかない部分を上手くいく条件で上書きして行く、

今回の場合は個別の習慣ではなく、青のハンカチでラッキーや、雲を数えたらや深呼吸三回でなどとしておけばどんな状態もラッキーの源になり心をいい方向に向かわせてくれます。

ちなみに、只野と仲良くすると人生好転します!笑