素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

自己啓発は宗教だ

いつのまにかこの手紙もだし初めて1ヶ月が過ぎてました。出さない日もあるのでそんなに多くはありませんが只野の思うことについて少しは何か感じてもらえたでしょうか。
もし少しでも伝えることが出来たのなら幸せです。

幸せや愛を語っているとどうも馬鹿にする人がいます。子供のような気恥ずかしさを感じていらっしゃるんだろうと勝手に思うものの、やりとりが進まず真意を感じることは少ないです。
馬鹿にされても貶されてもほとんど気にすることはないのでいくらでも伝えてください。ただ、いくらか言い返すことも間違いありませんが。


自己啓発が宗教という人がいて、自己啓発に励む人は強く否定するそうです。まあそうだろうなと思います。しかし私は自己啓発は宗教だと言っていいと思います。それは生き方を指定する点が一番大きいでしょう。
神を信じると同時に、食べ物、祈り、人に対する反応や思考全てを考えて行くのが宗教です。自己啓発の人たちが宗教法人の形を取るかどうかだけの違いで自己啓発か新興宗教になります。

そんななかで最も宗教と自己啓発が共通で大切だと感じたポイントをあげます。それは「神様のせい」です。自己啓発では有名なほとんどのものが周りではなく自分に集中すること、自分が変われば世界が変わる事を進めています。
宗教の場合で言えばそれは聞き慣れたあの言葉が象徴します。「オーマイゴッド」です。驚きを含めて良いことも悪いことも全てが神様なにやってんの!で済んでしまいます。

それは原因を自分でも周りの誰かですらなくすことです。自分が何かをすれば次は良くなる良くなる。しかし、悪かったことも良かったことも元は神様の気まぐれ。そのおかげで、自分は今することにだけ集中出来るのです。それはイスラム教でも同じように口々に言われています。この点が日本人にとって最も自己啓発を行うことのハードルになっているように見えます。

日本では相手や自分に原因を求めます。次も何も今の失敗をトコトン見つめろというのです。もちろん反省することは必要ですが、反省とは省みることであって罪をかぶることではありません。

私はひとまずこの点においていろんな方と話を深めたいと思っています。

9月中の金曜日夜9時からSkypeで話しませんか。内容は「自己啓発の躓きの原因」、時間は長くて2時間、基本は1時間。参加の方は希望の日付けを書いて返信してください。