素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

人生が変わる人間関係の作り方 その1

 どれくらい書けるのかめども建てずに3分割まで決定してみました。これで三回分投稿する予定が出来てひゃっほい。基本方針と同じく無駄に長くなるのだけは避けていきたいと思います。

 人生を変えるのは自分だけれど変わるために必要なのは他人だって言う話です。

苦手な人との付き合い方が変わる 人間関係のトリセツ

敬意を払わなければいけない”年上と先輩”

 人生を変えるためには人間関係を変える必要があります。まずは目の上のたんこぶこと”年上と先輩”を見てもいましょう。

 人は生まれた時から多くの人に守られて成人していきます。本人がどんなつもりであれ守られています。ごく稀に極悪非道で畜生にも劣る馬鹿な大人に囲まれてしまう人もいますが、成人してからでも抜け出せるのでチャレンジして欲しいと思います。

 さてここではそんな畜劣さんは置いておいて一般的な話をします。新社会人が生まれる季節や中途採用が多い時期に毎年ネットを駆ける話題があります。それが年上後輩と年下上司。その取扱と敬語についてです。

 簡単に言えば「先輩と年上は敬え」です。つまり両者には敬語で話しておくのがいいでしょう。苦手だから使わないなんていうのはただの堕落なので勉強してください。そしてどちらかが敬語だからどちらかが偉そうにする必要もありません。どちらも敬いあえばいいだけです。  どちらにしてもまずは自分のいるチーム内では両者両敬語ルールにしておけばもめません。

 年上や先輩というのは黒い言い方をすると土台です。別の言い方なら実験台です。彼らを見て自分の生き方を調整することで自分の人生は素晴らしいものになるわけです。  身を犠牲にしてまで私のために生きてくれているなんて!!そりゃ敬語くらい幾らでも遣います。

目の上のたんこぶと自由

 人はどこまでいっても先輩と年長者がいます。どこまでも上からのちからを感じながら生きることになります。だからといってそれが不自由というわけではありません。

 自由というのは自分の意思が働くということであって何でも許されることではありません。時々この辺りを間違っている人がいて特にヤンキー気質な人は多いように見えます。指示や注意は必要ならされるべきです。その意図を先ず汲んであげなければいけないのはテレパシーの使えない人間ですから言葉が足りなければ一方的にではなくふんわり補い合うのが重要です。

 目の上のたんこぶといえば先輩や上司ですが、家庭内での兄妹や親というのもたんこぶとしては優秀なものです。家族は大事にするものでそこを否定するものではありませんが、親や家族のために自分を捨てるなんてことはあってはいけません。

 家族も自由も両立できるためには両者が意見をぶつけ合い、認めあい、ふんわり許し合うことが肝です。

極意

 年上も先輩も同じ人です。基本的に近い人には仲良くしたいですしちょっとしたボケを言ったら笑ってほしいし突っ込んでもらいたい。私が大阪に住んでいるからというわけではなく、諸先輩というのは本当にどうでもいい笑い取りたがるものです。

 そんなとき後輩や年下は変に気を遣って笑って誤魔化したりしがちですが、一番いいのはツッコミをちゃんといれてあげること。特に問題になりそうな事は笑いながらでいいので否定しないと後が怖いですしね。

 それでほとんどの人は笑って済ませてくれます。何度か続けば他のご機嫌取りよりよっぽど重用してもらえることも間違いありません。ただ少しツッコまれただけで怒る人がいるのも確かです。そんなときだけ謝っておけばいいでしょう。怒らせる前に気を遣い過ぎるのはそれこそ自由を自ら損なっていますから。

次に各予定はこちら ・建前と本音と善と悪 ・育てる年下と後輩

 どれくらい書けるのかめども建てずに3分割まで決定してみました。これで三回分投稿する予定が出来てひゃっほい。基本方針と同じく無駄に長くなるのだけは避けていきたいと思います。

 人生を変えるのは自分だけれど変わるために必要なのは他人だって言う話です。

敬意を払わなければいけない”年上と先輩”

 人生を変えるためには人間関係を変える必要があります。まずは目の上のたんこぶこと”年上と先輩”を見てもいましょう。

 人は生まれた時から多くの人に守られて成人していきます。本人がどんなつもりであれ守られています。ごく稀に極悪非道で畜生にも劣る馬鹿な大人に囲まれてしまう人もいますが、成人してからでも抜け出せるのでチャレンジして欲しいと思います。

 さてここではそんな畜劣さんは置いておいて一般的な話をします。新社会人が生まれる季節や中途採用が多い時期に毎年ネットを駆ける話題があります。それが年上後輩と年下上司。その取扱と敬語についてです。

 簡単に言えば「先輩と年上は敬え」です。つまり両者には敬語で話しておくのがいいでしょう。苦手だから使わないなんていうのはただの堕落なので勉強してください。そしてどちらかが敬語だからどちらかが偉そうにする必要もありません。どちらも敬いあえばいいだけです。  どちらにしてもまずは自分のいるチーム内では両者両敬語ルールにしておけばもめません。

 年上や先輩というのは黒い言い方をすると土台です。別の言い方なら実験台です。彼らを見て自分の生き方を調整することで自分の人生は素晴らしいものになるわけです。  身を犠牲にしてまで私のために生きてくれているなんて!!そりゃ敬語くらい幾らでも遣います。

マンガでわかる人間関係の心理学 (池田書店のマンガでわかるシリーズ)

目の上のたんこぶと自由

 人はどこまでいっても先輩と年長者がいます。どこまでも上からのちからを感じながら生きることになります。だからといってそれが不自由というわけではありません。

 自由というのは自分の意思が働くということであって何でも許されることではありません。時々この辺りを間違っている人がいて特にヤンキー気質な人は多いように見えます。指示や注意は必要ならされるべきです。その意図を先ず汲んであげなければいけないのはテレパシーの使えない人間ですから言葉が足りなければ一方的にではなくふんわり補い合うのが重要です。

 目の上のたんこぶといえば先輩や上司ですが、家庭内での兄妹や親というのもたんこぶとしては優秀なものです。家族は大事にするものでそこを否定するものではありませんが、親や家族のために自分を捨てるなんてことはあってはいけません。

 家族も自由も両立できるためには両者が意見をぶつけ合い、認めあい、ふんわり許し合うことが肝です。

極意

 年上も先輩も同じ人です。基本的に近い人には仲良くしたいですしちょっとしたボケを言ったら笑ってほしいし突っ込んでもらいたい。私が大阪に住んでいるからというわけではなく、諸先輩というのは本当にどうでもいい笑い取りたがるものです。

 そんなとき後輩や年下は変に気を遣って笑って誤魔化したりしがちですが、一番いいのはツッコミをちゃんといれてあげること。特に問題になりそうな事は笑いながらでいいので否定しないと後が怖いですしね。

 それでほとんどの人は笑って済ませてくれます。何度か続けば他のご機嫌取りよりよっぽど重用してもらえることも間違いありません。ただ少しツッコまれただけで怒る人がいるのも確かです。そんなときだけ謝っておけばいいでしょう。怒らせる前に気を遣い過ぎるのはそれこそ自由を自ら損なっていますから。

次に各予定はこちら ・建前と本音と善と悪 ・育てる年下と後輩