素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

決別は思い切って

人生を左右する決断は誰にでもあります。

そんな決断の中でも何かを捨てるという決断は先延ばししがちです。そうこうしているうちに捨てていないものが増えて優先順位が分からなくなる、面倒になる、さらに先延ばしするという悪循環に陥ってしまいます。

決別は早め、思い切り、勢い、リズムが大事です。

ブッダが教える 執着の捨て方 (だいわ文庫 B 176-4)

人との決別

 決別の中でもややこしさがわかりにくくなりがちなのが人ですね。他人は関係ないって行くか言葉にしてみても、やっぱり周りから言われたことや、話題に上がっていることは自分に影響します。もちろん自分に対する良し悪し評価なんていう直接の影響だってあります。

 誰か一人との決別と言うのは難しいものですが、言葉にするのとしないのとでは大違いです。連絡を取らないだけで済む相手なら放置もしますが、職場だったり身内だったりするとそんなわけにもいきません。そんな時は意を決して決別を口にしましょう。

 そんな「人との決別」のポイントは距離を置くのではなく決別にすること。また友達になりたければ手立てはいくらでもありますが、中途半端に繋がっている関係は一つもいいことはありません。

モノとの決別

 物を捨てるというのは場合によって重大になります。思い出や記念、実績や記録と言った物に繋がると過去を否定するような気持ちになって思いきれなくなったりします。

 しかし、モノには常に思いがあり触れる度感じる度に進んだ距離を引き戻されてしまったりします。思い出に浸ることは悪いことではありません。しかし、前進しようという時にそれは足枷になってしまいます。

 自宅にあかずの扉が設置されているのでなければ、また長期間保管してくれる人や施設を用意できないのであればやはりその時は勢いとリズムで捨ててしまうしかありません。例えお金になりそうであっても、その手段を自分が取れないのであれば負債を抱えているのと同じだと考えて捨ててしまいましょう。

環境との決別

 決別をする大きな理由は変わること。そして変わることに対する有効な手段として有名なのは引越しなどで今の環境を帰ることです。仕事と家族、周りの人、今住んでいる環境を捨てることで人は結構簡単に変えることが出来るようです。

 とはいえ環境を捨てるというのは大きな決断ですし一度に全てを変えることは難しいでしょう。できることから、かといってそれぞれの環境がひきずらないように気をつけて決別しましょう。

難しい時は

 早めに勢いとリズムが難しい時はどうしても存在します。しかし気づいた時が自分にとってのはやめです。その瞬間から捨てる気でいましょう。

 ところストレスはどうやって発散するでしょうか。声を出して、暴れて、酒で、色々なストレス発散方法をとていることと思いますが、声を出して暴れて酒を飲みながら捨てるというのはどうでしょう。捨てるという好意もストレスの発散にはとてつもないパワーを持っています。  その物がそもそもストレスということもありますから、わざわざストレス発散のために置いておくというのはおすすめできないことですが、発散のタイミングが捨て時ということはいえるでしょう。

 すっきりウンチか決別かというくらいのすっきりさです。老廃物こそ決別しますよね。爪とか色々人の信じられない物を溜め込んでいる人もいますが、そういう趣味でない限りは決別こそリセットでありリフレッシュであることを実感してみてはどうでしょう。

スッキリ暮らす捨て方 (TJMOOK ふくろうBOOKS)