素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

やれることだけをやればいい

頭のいい人は先を見通してあれやこれやとやることがたくさん思い浮かんでいるでしょうか。 稼いでいる人は全てを企てて謀略と知略によって貶め稼いでいるでしょうか。

人間の性能は基本的に底まで高くありません。

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

平凡

平凡というのは普通ということで、大半の人のことを言います。殆どの人は平凡であって非凡であるのはごく僅かな人だけです。それは言われなくても理解しているのですが、、逆に自分はその平凡の枠に居ないと多くの人が思っているのもまた事実です。

優秀

世界には優秀な人が居ます。例えばわかりやすいIQですが、140程もないと入ることができない組織です。しかしそこには確かにIQ140を叩き出した人たちが集まっています。普通の人は100前後で140の人は0.25%ほどしかいないともいわれます。 また世界の資産の殆どをランキング上位8人が持っていると言われたりもします。 そういった人たちはやはり優秀であるでしょう。

成長

人は成長し変化します。先に書いた収入や知能指数も刻々と変化するものです。金額自体が変わらなくてもデフレやインフレでその価値そのものが変わっていることもあります。

成長は経験によって未知と既知が結びつくことで起きます。社会経験がない人はどんなに立派な人格者でも初めはずぶの素人、間抜けな失敗を繰り返すかもしれません。

そして全ての人が同じように成長するわけでもありません。それは既知の情報の違いでもあります。成長に限界もあります。

目の前のこと

全ての人が等しく取り組めることは目の前のこと。「できることをやる」ということです。だれも今できないことを必死にチャレンジすることはありません。跳び箱の6段にチャレンジするのは普段飛び越えた物の大きさか授業中に低い段を飛んだ後です。 既知という経験は次のチャレンジを生みますが、それは常に一歩先であって夢物語ではありません。

今出来ることこそが最終的に全ての自分の未来につながっています。もちろんただ繰り返す中で成長はないと言うかもしれませんが、繰り返すだけの中にも成長はあります。チャレンジも気づきも覚醒も引き寄せも今出来ることの中からしか生まれない事はこれまでの経験が知っているでしょう。既知がそうしようと言っているでしょう。