素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

お金の使い方

お金は増える性質がある。 だそうです。 この辺よくわからないんですが、個人的には投資をしないのは損だと思っています。

使えば使うほどお金が増えるお金の使い方

 日本と投資

 世の中のお金はかなり浪費されています。特に日本ではずっとそういう教育もされてこなかったので浪費率は高いのではないかと思います。銀行が絶好調な時代のあと個人投資家がバブルでぶっ飛んだり、ホリエモンでぶっ飛んだりしたのも日本の投資心を弱めましたよね。

 また日本ではマイナスな情報ばかりが飛びがちで、ネットを見ても誰がどれだけマイナスになったと言う話のほうが多く見られます。特にアメリカで見てみると確かにマイナスの情報も多いですが、増えたよ儲けたよああしようこうしようという情報が多く見られます。個人同士が情報を有益に使っている事が印象的ですね。

 基本的に私はネタ元を出さないのでどこ情報だよという声も聞こえますが、まあ適当に察してください。

投資と責任

 投資には責任がついてきます。それはマイナスになる可能性は必ずあるということ。その責任は完全に個人にあります。どれだけ企業や他の情報で投資をしたとしても責任は自分にだけあります。自分のお金ですしね。

 しかしそれは厳しく見えるようで当たり前で、サイフ渡して良い物買ってきてよとは中々いえないものでしょうし。投資になると及び腰なのはやはり情報を自分で判断するだけの知識がないことが一番の原因でしょう。

やっぱりある方が良いでしょう?

 投資の話は近くの人には二十歳の頃からしています。その頃は遊ぶほうが大事だったので私も投資はしていませんでしたが、口座を作ったり情報を集めたりということはずっとしていました。

 しかしこの頃はそんな話もしなくなってしまいました。理由はみんなガメついから。ガメついというのは欲深いということで、私がこんな投資があるねっていうとそれは月100万くらい稼げるのかという話に必ずなってしまうんですね。

 投資では年利5%あれば十分でこれは銀行などの定期預金でも保険でも不可能な大きな利率です。それも大抵福利なので10年後換算すれば途中で減る時期があっても倍になることも少なくありません。

 それでも100万稼げないなら投資はしないとなってしまいます。なんでしょうね。この辺りは日本人のギャンブル狂いと言われる所以かもしれません。

 あなたは10年後倍の資産が欲しいですか?今と変わらない方がいいですか?