素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

主婦は落ちやすい 大人の恋愛

不倫というのが無くなった時代はありません。 言葉としてはともかくそういう性質のものはいつだって変わるものではないですね。

ところで主婦というのは非常に落としやすい対象な気がするのですがどうでしょう。

家庭の主婦は昼間なにをしているのか 奥様358人 不倫白書

主婦の落とし穴

主婦は退屈です。主婦は不満を持っています。主婦は妄想します。そして主婦は落とされると思っていません。

以上が主婦の落とし穴です。

本当は主婦に限らない話ですが、繰り返しのに日常というのは退屈に感じがちです。特にそれを一度意識し始めるとその思いはどんどん進み不満になっていきます。

結婚して家庭を持つとこれまでとは違う不満が増えます。特に夫というのはいつの間にか道具のように妻を使うようになっていたりするのに妻はそこから外れる事ができません。日常にじわじわ積み重なる不満は計り知れません。

主婦はドラマによく出てきます。それはテレビを見る層が主婦層が多いからですが、主婦の恋愛が題材になるとどうしても妄想してしまうのが人というもの。

そして結婚前は警戒心の強かった女性も結婚したり子供を生むととたんに警戒心が緩みます。理由は自分が恋愛の対象にされると思っていないからです。

不倫は別れる理由にならない―カップル再生の処方箋

王子様は不細工

主婦を落とすのに容姿は必要ないようです。

色々な話を聞いてみると不倫の相手は若いかっこいい男の子ということもありますが、ハゲでデブで不細工ということもよくあります。

では何故そんな相手にリスクを負ってまで不倫してしまうのか。それは相手が王子様だから。

散々退屈で不満で妄想して油断していた主婦は誠実に若しくは強引に迫られると乗せられがちですが、それは相手が誰であると言うよりも日常を離れるということが大事になっています。

すると相手がどんな相手でも起こりうるましてや少し見ためのいい相手なら乗せられる可能性はかなり高くなるでしょう。

浮気のバレた主婦がよく言う「寂しかった」「本当に好きなのはあなた」というのも半分は本心なのかもしれません。それでも半分ですけどね。

男と女の法律マニュアル―離婚・婚約破棄・不倫が有利に解決できる

誰にでも起きる

不倫は当然当事者の問題ですが、されたパートナーの問題でもあります。傷ついたからそれでおわりにする人も多いのですが、された側の問題を解決していないとその後別のパートナーをみつけたり修復をしても同じことの繰り返しになってしまいます。だとすれば如何に不倫をした人が悪くてもそれまでの自分の生活も見直す必要は必ずあるでしょう。

また不倫というのは本当に誰にでも起こることです。しかも自分がどれだけ愛しても相手がどれだけ愛してくれても起こり得る災害みたいなものです。

私はナンパもしたことないんですけどね。