素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

パフォーマンスを上げる朝の言葉

朝一番の言葉をポジティブな言葉にしておくことでその日のパフォーマンスが良くなることが調査により判明しました。 そしてその言葉を精査した結果最も効果のある言葉を紹介します。

(文庫)人生が変わる朝の言葉 (サンマーク文庫)

明日が来たぞ今日から本気出す!

明日から本気出すというのは先延ばしの定番ワードとして定着している感じがありますが、明日はずっとこないというのもよくあります。

なら目を覚ました時に今日が明日だとすることで自分の本気を引き出してあげましょう。 また今日が昨日とは違う日だと認識することで昨日までのストレスを軽減したり、気分の切り替えができるようになるので休み明けの憂鬱にも効果的です。

やってやられてやり尽くす

自分を変えるのは環境を変えるしかないと言われます。しかしやり尽くすことができれば誰でも変わることができる。やり尽くすためにやり始め、誰かにやられて影響を受けそれを超えてやり尽くすことで人は変われるでしょう。これまでの自分を超えられるってわくわくしますね。

準備はできた!

人はいつでも準備不足に嘆いています。起きた時に準備ができたと言っておくと不安感や焦りから思考と体を開放して始めることができます。準備はできているのですから始めるだけですね。 なんの準備ができたのかは考えたら負け。

朝読むと元気をくれる56の言葉

ボッコボコにしてやる!負ける気がしない!

ちょっと乱暴な言葉も選出。死ぬくらいなら殺す覚悟でやっていこうとか死ぬくらいなら会社やめろとかありますね。しかし実際その場ではそんなことを考える余裕は生まれるものではありません。 朝一番の一番体力のある時に鏡に向かってシャドーボクシングでもしてこう言ってみましょう。自分に自信が生まれていきます。続けることで染み付いた自信は誰かをボコボコにしなくてもはっきされるようになるでしょう。

完全変態完了

中二病にオススメの一つです。召喚完了という手もありますが、自分を召喚したのは誰なんだよってことで完全変態です。変態と言っても変な人のことではなく虫などがまるで生まれ変わったように変わることですね。そしてわざわざ誰かに聞かれたら誤解される言葉を選んでいくのも中二病としてのセンスです。

完全変態して生まれ変わった力を見せつけてやりましょう。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判 (マキノ出版ムック)

言葉の選び方使い方

ポジティブな言葉は気持ちだけでなく体も刺激することは広く認知されていますが、その効果は長続きしません。それは人は慣れてしまうから。同じ言葉を続けていると意味喪失してしまい効果を得られなくなってしまうことも当然のことです。

そのためポジティブな言葉はいくつか用意しておいて使い分けたり入れ替えたりしたほうがよさそうです。特に自分が幸運であるというようなタイプのポジティブな言葉は現状と比較して否定し易いので効果がなくなるのは早いかもしれません。