素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

緊張感を壊す重婚さん

先週もお疲れ様でした。サービス残業なんかを安請け合いして体を壊していませんか? 5月病も怖いこの頃発散を忘れずに過ごしてください。

さてこの頃は北朝鮮の話題が多かったでしょうか。最終的に勝てるとかどうとかよりも既に核射つくらいはできる国ですから何も起こらず済むといいんですが。

不倫の教科書 既婚男女の危機管理術

トランプ大統領はその職に就いてもビジネスマンらしいやり方で進んでいます。それがこれまでは比較的大人しい国相手だったので大事にはなっていませんが、相手が気性の荒いタイプで独裁的な国だと結果は違うかもしれません。その結論の一つがこの北朝鮮ででるでしょう。

強く出ると相手が下がるというのは日本人の特徴のように言われますが、基本的に何処に言っても同じです。それはできればやばいやつとは関わりたくないとか、やばいやつは起こさないようにしたいという意識があります。

その結果不倫が続いてしまったり、犯罪に走るということもあるので全ての結果を悪だと言うのはその人が何故そうなったのかを考える必要があると考えられます。

不倫と言えばどっかの議員さんが重婚したそうで、ハワイで入籍届け的なものにもサインしていてもし持ち帰って役所に届けていれば完全な重婚になる状態だったようですね。

不倫における男女の違いというと男は口で理想を語りながら現状維持を望みます。不倫に至るまでは積極的だったりするのにその状態になってしまうと自分の危うさから動けなくなってしまったりするんですね。女性は現実を語りながら理想を求めてしまうようです。理想の中には相手がどうにかしてくれるという思い、つまり男性が自分を求めてくれるというお姫様思考があるので簡単に言うと他人任せな倫理管理で自分に罪悪感がないということもよくあります。

まあどっちもどっちでよくあるんですけどね。

この重婚ニュースと北朝鮮のニュースが並んでいるとなんとも言えない感じがしますが、緊張感を解いてしまっている人がそこそこいるようです。何かが起きるかもしれない時に準備に目を向けておくと本当に何かあったときに動けるスピードも的確さも変わってきますから周りの準備について考えてみましょう。

もちろん仕事でも全てのケースを用意しておくなんてことは無理ですが、考えておく必要はあるはずです。それが対応の差にもなりますし従業員の意識を見ることもできるでしょう。準備が得意でも実践には不向きの人も入れば、準備さえあれば実践に生きる人もいます。能力の活用に全ての機会を活かしていきましょう。

今週は実質的な最終週です。ゴールデンウィークに向けてはもう終わっているでしょうから、ゴールデンウィーク開けに向けての準備を考えてみてはいかがでしょうか。