読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

自己啓発してもウザイ人にならないために

自己啓発の話をしていて出逢う人はちょっとウザい。

どうも力みがあって歪みを許せなくて曲げようとする人も許せない、そんな感じがするから。 しかし、自己啓発を開発?発明?作ってきた人に出会うとウザい人の方が少ない。その理由は明らかで、簡単な自己啓発に吸収されちゃってるから。

今日からできる!瞑想の始め方: 自分に合った瞑想方法がきっと見つかる実例集

自己啓発する人

自己啓発を始めたばかりの人や、どうしても馴染まない人は特にウザい系になりがちです。語るだけでウザいと言われると、私のように発信している人間はみんなウザいんでしょうけれど。まあそれは置いておいて、始めた結果ウザいと言われている人はどんな人でしょうか。

最初に注意しておくと、自己啓発の先輩や営業系の仕事の先輩にそんなときはこうしろと言われている事があってもあまりまにうけないようにしましょう。 ウザい友達から進化して関わりたくない人になったからといっていい事ではありませんから。

外からの影響を受けている

自己啓発をしようとする人は

  • 求めている人
  • 捨てられない人
  • 消化できてない
  • 抑圧されている
  • 道の途中

簡単に言うと自己啓発のスタート地点ではほとんどの人は周りから見てめんどくさくなります。それ以外にも、いつまでもウザい人は文字として理解しているけれど納得はできていない、腑に落ちてない、消化できていない人です。

上昇欲求が強い人は自己啓発を始めた時点で周りより上に立った気になりがちです。またこれまでの自分を捨てられない人は理解とは裏腹に、進めないので苛立ち気味。 多いのは理解しているつもりになっている人。彼らは自分を過信していたり、斜に構えていたり、というかまあ自己啓発系の人ほとんどです。何事もどれだけ打ち込んでも先があるように自己啓発もそういうものです。こうやれば終わりと思っていると自然とウザい人の出来上がり。

自己啓発本を100冊読んで見つけた成功の基本10原則。20分で読めるシリーズ

自己啓発作る人

「まともなものを作っている人は」という注意が必要ですが、作るようになると自分の中の自己啓発の質が上がります。結果としてウザい人は少なくなるわけです。

  • 外からの影響を受けていない
  • 自立
  • 納得
  • 消化済み
  • 自由

自己啓発が自分に馴染み始めるとウザさはスッっと消えていきます。それは当然の事で、自分がサッカー好きだからといって野球好きを貶したりサッカーを押し付けてくる人はウザいもの。自己啓発が馴染んだ人は自分の生き方と他人の生き方を分けて受け入れられるので、そういった行為もなくなりウザさも消えるというわけです。

まず自己啓発が馴染むと外から何を言われても聞き流せるようになります。外からの影響を受けなければ反発したり押し付ける事もありません。そしてそういう人は影響を外に与えていく人です。思考や生活が自立していくと自然と影響を受けない人になります。

また作る人は自己啓発本を何度も読み、理解に努め真剣に向き合うことになります。そういう人は当然ながら腑に落ち、理解し消化できます。そこまでくると思考や感情が落ち着いてウザさも消えていくことになります。

ウザくならないために

ではどうすればウザくならずに自己啓発に取り組めるのでしょうか。

  • 吸収しても吸収されないように
  • 繰り返しよむ
  • セミナーに行く
  • 瞑想
  • 作る

まずは自己啓発は自分のためにあるという事。それは自己啓発に飲み込まれず、飲み込まなければいけないという事です。自己啓発に取り組みながら違和感が拭えない時、それは参考にしているものがマズく取り込まれようとしている時です。

一旦そこから離れ、別のものを取り入れてみたりすといいでしょう。

他にも理解は一度みればでできると自惚れず、何度も読み、セミナーなどに行ってみるといいでしょう。特にセミナーは読むだけとは全く違う印象になる人も少なくありません。とはいえセミナーもピンキリなのは否めませんが。

また当然ながら作る側がウザくないのなら作る側に回るという手もあります。5万字くらいの本を書いてみるといいでしょう。

行動だけ取り繕うには さてそんな事を言ってもウザさはすぐにはなくなりません。取り急ぎ何か手を打たねばならぬという事であればこちらを参考にしてください。

行動
  • 反応しない
  • 許す
  • 呼吸をする
  • 笑ってごまかす
  • 逃げない

それが難しいからウザくなっているというのは気にせず言わせてもらうと反応しないのが一番です。口は災いの元、沈黙は金。ニッコリしたまま固まっておくだけです。

自分で自分をどうにかできるのなら、許すという事を積極的にしてみましょう。

さて上の2つ以上に簡単なウザさ解消は呼吸です。とにかくゆっくりゆったりとした呼吸をしましょう。それだけでかなり変わるはずです。 また時間のあるときには瞑想する時間を作り5分でも10分でも瞑想しましょう。

言葉

行動をコントロールしても言葉がトゲトゲでウザさの消えない人もいるので注意しておきましょう。

  • そういう人もいる
  • おうむ返し質問
  • なるほど
  • それでいいけどそうではない人に注意を

まずはそんな人もいるよねと言ってみる。自分も相手も否定しない緩い状態になります。そればかりだとはっきりしないと言われてしまいますがオススメです。

嫌な質問や思想に関する質問、熱くなりがちな質問に関しては同じ質問をそのまま返すおうむ返しでいいです。質問を質問で返すと怒る人もいますが、質問の意図を得るためにも有効なおうむ返しを覚えておきましょう。

あとはなるほどという言葉もいいテンポダウンになるでしょう。相手を理解し受け入れる言葉です。しかしこの後に「でも」とか「しかし」とか言いすぎるのは元の木阿弥となってしまいます。なるほどと言ったあとは相手の言葉を待つだけで十分です。

言葉でウザくない人は相手を否定しない人です。しかし受け入れがたい事ももちろんあります。特に犯罪や差別的な事は否定しておかないと自分も同じ主張のように扱われてしまいます。笑いながらでも自分は違うけどねといっておきましょう。