読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

週明け雑談マガジン そのはち

11月になりましたね。いよいよ気温もさがり、変化に弱い人は既に一度体調を崩されているかもしれませんね。 マスコミが報じないトランプ台頭の秘密 作者: 江崎道朗 出版社/メーカー: 青林堂 発売日: 2016/10/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を…

今日何をやめて新しいものを得るか

人が出来ることは無限でもあり限られてもいます。ものの見方によるって話ですが今必要なことはすでに目の前にあるものです。 今するなら何かをやめなければ、時間も能力も足りないものです。 なら何をやめますか。 新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書…

才能は枯れることはない

才能が枯れる。 よく聞くような全然聞かないようなセリフですがほとんどの人が、信じている言葉です。 しかしその意見には反対せざるを得ない。 やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける 作者: アンジェラ・ダックワース,神崎朗子…

週明け雑談マガジンsono7

いよいよ10月が終わりますね。 ハロウィンは経済規模がバレンタインを超えたそうですが、なんであれもこれも秋冬にまとめるんですか。イベント多すぎて困るんですよね。 特に私は誕生日もあったり、記念日なんかも何故か冬に固まることが多く年明けには晴れ…

自己啓発と意識高い系の違いはあれ

意識高い系というとなんとも胡散臭い感じがするようで、と思ったんですが自己啓発も変わらないですね。 今回は一応自己啓発を支持、意識高い系を方向性の誤ったものとしてその違いを見てみます。 やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身…

今日使う言葉を一つ決めて過ごす

言霊という言葉もありますが、人は言葉に大きく左右されます。 明るい言葉に暗い言葉。優しい言葉に痛い言葉。 常に何をどんなふうに言葉にしていくか決めて過ごし続けるのは難しいので、今日使う言葉を一つだけ決めて過ごしてみてください。 たった"ひと言"…

週明け雑談マガジン 10/24

いよいよ10月もラストスパートですね。お仕事によっては大詰めである年末とこの10月までとは差別化もされて気合も入っているのではないでしょうか。 さて先週はいかがでしたか。 気になったニュース、一つはノーベル文学賞です。 ザ・ベスト・オブ・ボブ・デ…

不倫はなんでしちゃいけないのか

先日、なぜ不倫をしてはいけないかと言う話をしました。 理由は簡単で正義が認められないからです。 正義とかむず痒い言葉が嫌ならば別になんでも構いません。ルール違反でも、嫉妬するからでも、信用できないからでも。 つまり周りから見て認められるならあ…

自分の熱を持ち続ける方法は?

何かをしようというとき熱はある。 しかしその熱は程なく消える。 そんな事が誰の身にも刻まれているでしょう。別に大きな事に限りません。 松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 作者: 松岡修造 出版社/メーカー: アスコム 発売日: 2011/06/27 メディア: 単…

週明け雑談マガジン その後

週明け雑談マガジン その後でございます。誤字ではなくちゃんとその後です。 先週はなんというか何も覚えていません。ニュースとか色々書こうと思うことはあったんですが、週末を超えてみると特に何も私には残っていませんでした。 はい。私はニュースをまと…

恋愛未経験者にもできる!はずのはじめの一歩

世の中にはモテるためのアレコレが沢山ありますが、どうやらこれまで経験のない人にはハードルが高すぎるということを聞いたので少し見てみましょう。 モテる男の恋愛原稿: 基礎を固める恋愛教科書 作者: 田中義男 発売日: 2016/07/20 メディア: Kindle版 こ…

ネガティブなことを楽しむ!? 優柔不断の巻

優柔不断を楽しんでいこう 優柔不断というと悩みだすと長い!ランチが間に合わない!朝起きてから長い! うん、勢いで言い始めたら結構出てきそうなのでやめておきましょうか。 優柔不断というのは選択を見つけるのがうまいですよね。 決めるのが早い人は、…

「自分なり」に逃げてない?

最初に言い訳で申し訳ないけれど、死ぬほど頑張るのはやめないといけない。 それだけはだめ。すごいとは思うけれど。 人間にはストッパーが付いてる。急な下り坂を全力で走り抜けようと思ってもカリオストロの城のルパンのように前傾姿勢で走り抜けるなんて…

週明け雑談マガジン その四号

今週も開けてしまったのですがどんな気持ちですか? 憂鬱?昨日も休みじゃなかった? テスト?寒い? 色々ありますが、先ずはやることなすこと全部忘れて自分を全部出すことに集中しましょう。 そしたらきっと素敵な一日になりますよ!! 先週は 日本人のノ…

彼に必要だと言われて意味を間違える人続出!!

君がいないとダメだ! 言われたら嬉しい気がします。 でもその言葉を素直に受け止めるには少し早いかも。 母親になってない? 一番間違いがちなのは恋人だと思ったら母親だったってやつ。 特に、メンタルケアに力を注ぐとなりがちです。 慰め役や励まし役を…

集中力を発揮する環境作り

集中力は誰にでもあります。これは(◯◯を除く)みたいな事はなく全ての人に備わっています。しかし、人を選ぶという事はなくても状況は選ぶでしょう。 その状況作りについて見ていきます。 場所選び そもそも幼い頃に過ごした環境の影響力は凄まじいものです。…

行動は何番目に大事?結果や思考は?

優先順位は? 行動が大事 その結果は?思考は?何かとあれが大事これが大事という話が飛び交う自己啓発ですが、表では一番大事なのは「行動」でまちがいありません。 その他結果が大事という話、思考(準備、研究)が大事という所までを見ていきましょう。 …

熱血漢は希少種で面白い

おっしゃあああ! スポーツやなんかでは激しいガッツポーズもよく見ますが、実生活では熱い人というのはかなり少なくなったと感じるのではないでしょうか。 さとり世代や草食何て言葉が表すように、今世の中で熱血漢といえば松岡修造さんくらい。 そのせいで…

明日のためのネクストバッターズサークル

野球でバッターが投手と対戦している時に次のバッターが備える場所。 準備が全て 毎日寝るときは明日のためのネクストバッターズサークルに入ったつもりで準備をしておきましょう。 寝る前でなくても構いませんね。朝起きたときかも知れないし昼かもしれない…

陰口から逃れるにはバカになればいい

悪口、陰口というのはどこでも良くないものだと言われます。 しかし実際にそんな会話に遭遇してしまうと、変にそれを否定しにくい時があるんですよね。特に上司なんかの相手だと「そうですね」と相槌を打ってしまうほうが自分のために良さそうなときも。 し…

週明け雑談 3号やで

過ごしやすくなってきたこの頃服選びが難しいですよね。 先週はどう過ごされましたか?私には幾つかチャレンジと救いがあり、それに自分なりに応えました。 チャレンジは自分からすることもあれば与えられることもありますが、与えられたときにどう応えるか…

覚醒=成功ではない

先に行っておくと自分で覚醒した!とテンションが上がるときは大抵覚醒はしていない。 残念。 自分の状況を悲観している時ほど覚醒感に飢える。 状況を変える一手に困ってだす答えがもがくことよりも自分の中の何かになってしまうのは非常にもったいないこと…

自分の世界の大きさを確認しよう。

自分の世界を広げているか 自分の世界の広さを知っていますか。世界と言ってもいめーじがわかないかもしれませんね。それに世界がどうだってんだという意見もあります。 それがどうなるというのはまあおいておいて、今日は自分の世界を確認してみませんか。…

夢はお金持ち?

「成功したい」何となくそんな言葉で一括りにしてしまいますが定義は人それぞれです。 それと同じように「お金欲しい」というのもよく聞く話ですが果たしてそれは「成功」と結びつくものでしょうか。 お金欲しい まずお金を稼ぐという事と、話題に上がるお金…

仕事は何もできないところから始めよう

仕事を変えようとか何になりたいとか考える事は誰にでもある。 そんな時に今自分に何ができるか考えるところから始めるというのはよくある文句なのでもう一歩前に出て何も出来ないところから始める事をオススメしよう。 したい事 仕事はやりたい事から決めて…

男女間の友人関係は続けられるかどうか

この話も良くする機会があるんですが、男女に友情はない。 これが私の現在の決定です。まあそうじゃないという人もモリモリ存在するのでその事について書いてみましょう。 男女には前提がある そもそも男女というのは性的なカップルになるという心理がありま…

ブラック企業で働くときの注意

ブラック企業で働くというのは面白い。個人的には一度は働いてみるべきだと思っている。仕事の内容が明らかに詐欺であるとか違法なものを販売しているというのでなければ勉強としては発見することが多いものだ。 それに入るまでブラックかどうかなんて確認で…

週明け雑談マガジン 2号

季節を前に、私のぶんまでお前が生きろ! 続くかわからない雑談始めましょう。 最近は経済ニュース以外はほとんど流してる私ですが何度も流れると流石にチェックしたりします。 先週は、というよりもこれからしばらくは築地、豊洲問題が何度も出るんでしょう…

弱さを晒す強さ

弱さは誰でも隠したいもの。悩みのなさそうな人ほど厄介なのは、内在する弱さを晒せないことです。その結果暴走してしまったり壊れてしまうことはもう見慣れた光景と言えます。 しかしその弱さは案外簡単に克服できるもので救えるものでもあります。 今日は…

才能の秘密

才能を引き出す 一つで機能する才能はない 才能があるのないのとよく言いますが、なんの才能がほしいでしょう。 サッカー、ラグビー、歌、絵、経営? しかしどの才能も一つで機能することはないことに注意しましょう。 例えば歌、純粋に歌が上手い人はたくさ…

愛とは何か。

そんなものは誰かが語っても仕方ない。 ただし、誰が語っても「優しさ」に似たものが含まれるのは確かだろう。 「思いやり」のようなものでもあり、具体的な何かを示すのはやはり難しい。 だからこそ誰もが愛を語りたがるし、すれ違う。 それこそ優しさや思…

あなたは周りの人の話を聞いているか

人の意見聞くというのは難しいことです。ハイ聞きましたー聞いただけー♪みたいな人も多いですしね。 しかし問題有りそうなのはそんな人よりもちゃんと聞いているつもりの人。 ちゃんとというのは意見として思考に役立てる気があるという事で、確かにそうして…

ロクな奴がいない わけがない

「ロクな奴がいないな」というのは誰に限った話でなく、周りを見渡して言葉にしなくても感じたことはあるでしょう。 その感覚に潜んだあれこれを少し覗いてみます。 ロクな奴は 人間都合の良いもんで、ロクな奴というのは自分に都合の良い奴である事がほとん…

週明け雑談マガジン 創刊1号

今週は連休という事で週雑マガジンも火曜日にしてみました。 どうやら台風が近づいているという事で沖縄から九州は大変な連休だったようです。私は大阪ですがこちらも雨でしたね。これから台風が近づくエリアの人は食料なども重要ですが、最近酷い水害にも注…

自分のタイプを語るなら上手にね

自分のタイプを決めつけない 自分で語るほど自分を縛るものはない「私はそういうのやらないから」というのをよく聞きますね。当然言った事もあるでしょう。 しかし言葉に出す事で縛られてしまうのが人間の悲しいところ。自分はコレをしないという事で逆にや…

健康管理には食べ物と運動とデジタルと?

あなたの体調管理は? 体が資本なんて言い方をしますけれど本当に自分の体をみていますか? 実は私先日動けなくなりまして、それも風邪とかわかりやすければよかったんですがひどい目眩。生まれてこのかたそんなの初めてだったのでなかなか厄介でした。 その…

好きな人を並べて自分の未来を見つけ出す。なりたい自分がわかる時。

「どんな人になりたいですか」小さい頃はよく聞かれて、それでも答えなんかはアニメのキャラだったりまともでもすっかり忘れてしまったりしますね。 小さい頃にこう言ったからならなきゃいけないとかありませんし、人は変わるものです。成れたら凄いですけど…

本物を持つとホンモノになれるのか。というかホンモノとは何か。

「ホンモノになりたけりゃ先ず本物を持たないとだめだよ。」 何というか、そんな事を所謂上の人に言われた事のある人は多いだろう。しかし、それは本当にホンモノになれるのか、そしてそれは何故なのか。 と言ってどこに結論があるのかわからないのは読者か…

物欲センサーで失敗しないために

欲しいものは書き出せ!事細かに書くんだ!というのはまあ私もいうことで、自己啓発や自己実現のためのセミナー見たなものに行けば当然のように言われることです。 しかしそこに困った問題があるとすれば「物欲センサー」ですね。欲しいと思ったものがいらな…

欲しいものは感情から考える

求めるものはなんですか。 欲しいものは明確に想像すれば手に入る!!かどうかはともかく、手に入れたいものがある時は明確に想像するのは必要です。 例えばテレビが欲しい。これはハッキリとしているようであやふやでしかありません。 実際テレビを買いに行…

究極自分本位

人間なんてみんな自分勝手なんだから好きに生きようよ。 というわけではないお話なので早とちりなさらぬよう。 ではどんな話なのかと言われれば自分勝手というよりは自分本位。つまり自分にメリットが来るように生きる方法について見ていきましょう。 自分本…

不倫、浮気、大人の関係が美しく見える時

大人同士の付き合いといえば契約関係だ。しかしそれの及ばない口約束すらない曖昧な関係を望む関係もまた大人の関係なのだろう。 浮気や不倫を語るには日本人やらイタリア人やらと国を分けて考えることが多いがここでは地球人としてまとめて見て行こう。 哲…

自分を変えるためにできること

人には変わりたい時がある。何かを失ったり、夢を持ったり、理由はそれぞれあるけれど変われるかどうかを決めるのが個人の資質だけだなんてことは断じてない。 ただし変わるための工夫は必要で、変わる意思と行動を持って人は変わる。意思は自分で持つのだか…

いい男を育てるいい女

いい男は勝手に生まれてくると思っているのは女性だけでなく男性自身も同じです。 先天的な顔面偏差値は変えられませんが雰囲気イケメンにはなれるし、いい男にはなれます。男が自分でどうのという事もありますが、いい男の影に良い女ありという事でやはり女…

女らしさを勘違いして損する人生

最近は中性というものが流行っていますが、どうも勘違いしている女性が多いので注意を促しておきましょう。 先に一つどんなものかというと、自分をサバサバとか男ぽいと言うことは言い訳じゃないのかと。それただのぐうたらだったり雑だったりするだけじゃな…

お金持ちの一番の資産は、、

ビリオネアになるのは難しい。世界でも100人いないのでその中に入ろうというのは相当なことだ。しかし、ミリオネアとなるとこのハードルはかなり下がる。 下がると言っても高いことに変わりないけれどまあ不可能ではなさそうなものになる。 因みに必死に働い…

ネットストーカーに気をつけられるのは自分だけ

ネットストーキングはどこにでも 関係性で困るのは自分を見て欲しくてたまらないけど直接はそう言わないところが面倒なかまってちゃんや、一緒にいるためならここから飛んでやるみたいな重さの限界突破したヤンデレ、表面的にはきれてるか喧嘩売ってるように…

逃げるが勝ち

あまり若い人には言いたくない。けど実際には逃げるが勝ちっていうのはよくある事。 大人はそれを特権だとか知恵のように言うけれど、そんな場合はまあごまかしだよね。 今日のメニュー 逃げる必要がある 負けなければ勝ち ゴジラ?クッパ? SELF DEFENSE 「…

自分のベストを引き出そうちぇけら

最高の自分を引き出す どんな人でも子供の頃と比べてみるといまは活発的ではないと感じる事が多いです。また小さいときの方がチャレンジしてたり頑張っていたりということもあります。 逆だという人は比較的珍しく、とてもいい成長過程を得たのだろうと思い…

全ての夫に捧げる愛妻家のススメ

結婚をしても何かあれば離婚すればいい。そんな人が多いですが何ででしょうね。明らかに長く一緒にいる方がいいこと多いんですけどね。 今日は全ての男性に贈る愛妻家のススメ。 良妻を育てる 最高の練習相手 最高の生活を見据えて 愛妻日記 (講談社文庫) 作…