素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

言葉

ラッキー最高絶好調で丸儲け!

良い雨が続く大阪からこんにちは! 雨が降れば誰が儲ける?そりゃ自分です。

言葉にすることは大抵逃げ口上

口にすることは逃げることかどうかと問われました。 私の答えとしては凡そそうだろうと思います。 言葉には何かから逃げたい時に自分を許す効果があります。

今朝使う言葉を変えてみよう

右手の言葉が間違っていれば左手の言葉を選べば良い 左の言葉が見つからなければ後ろの言葉を吐いて良い 言葉は同じではなく言葉は変えることができる 言葉で心を作ることもできる言葉で身体を作ることもできる 空想的に論理的に言葉はどうにでも使われて良い

ラッキー最高絶好調で丸儲け!!

とりあえずタイトル見てもらえたらこの記事の目的は達成できました。

見えるものを信じる

見えるものを信じるというのは難しいものだそうです。 私はどちらかといえば信じる方で信じてしまう方でやらかしてしまう方です。 しかし見えるものを信じないというのも不幸だと思うので、やらかしたことに責任を感じることはあっても不幸だ最悪だとは思わ…

部下の叱り方の最大ポイントを考える

怒り方、アンガーマネジメント、伝え方と怒らない方法や怒り方についての本などがたくさん出ています。 しかし怒りをコントロールしようとした人の多くはストレスを抱えて自分が潰れていくという話が出てきました。さてどうしたものでしょう。

大人のための夏休みの終り方

8月も15日まで。何となくそんな認識がありまして、盆だとか終戦とか諸々が終わると夏休みが終わって、甲子園が終わって、夏が終わる。つまり8月が終わるという感覚です。 季節感とか個人的な移り変わりの感覚はそれぞれで、どなたの話を聞いてもとても楽しく…

誰に勝てば終わるのか

勝ち負けは市場にも個人にも大きな原動力をもたらし成果を出してきました。 ところが最近になって、勝ち負けつまり競争が弊害としても認められるようになってきたようです。 誰に勝てば勝ちで、どうなれば勝ちで、どこに終わりがあって、その結果は本当に幸…

親と子の立場

子供に向上心が見られなくて困っているという親御さんと話をしました。 どんなに言っても努力しない、努力が続かないということで親と子の繋がり方について考えていきましょう。

今日のパワーワード

パワーワードが流行っていた気がしますが、みなさんはどんなパワーワードを持っているでしょうか。 それがあれば元気が出る、やり直せる、集中できる、夢が叶う色々ありますが、どれか一つでいいというものではなく幾つかから必要なものを選んで使うというか…

客神様への対応と対策

お客様は神様です。今の世にそれを言う働き手は少なくなってきたように思いますが、それを言う客は増えているように見えます。昔の感覚なら神様というのは厳格で悠々とした存在ですが、客が神様になるとどうも急ごしらえだからか格がひどく低い神様が出来上…

パフォーマンスを上げる朝の言葉

朝一番の言葉をポジティブな言葉にしておくことでその日のパフォーマンスが良くなることが調査により判明しました。 そしてその言葉を精査した結果最も効果のある言葉を紹介します。

万言一金

人は影響されるものです。影響を受けたくても受けたくなくても入ってくる情報に因って日々影響を受け続けます。

実感のない幸せを大切に、感じやすい不幸を大切に

ふこうだーー!と叫ぶアニメの主人公がいた気がしますが皆さん叫んでますか。 言葉はともかく叫ぶのはストレスの発散には最高だと思っています。できれば外で無理なら布団に潜って叫んでストレス発散しましょう。 ところで不幸は感じやすく幸福は感じにくい…

何を見て何を語るか 何もなくても語れるよ 集雑22

報道というのはなくなることのないもので、しかもある程度以上の量も見ることの出来ない定量の情報です。 では何を基に取捨選択されているかといえば、ほとんどはウケですね。

好きだからって好きと言うとは限らない。

人間不思議なもので素直な言葉ははなかなか聞くことができません。 家族や恋人、仕事関係でもその場の自分を無意識に作ろうとする力が働いたりするからですね。 好きだからと言って、素直に好きだと言う人は実は少ないんです。それは悪いことではなく、例え…

サボリ魔は妄想魔かも 対処は?

私は昔からサボリ魔でした。何かと言えば遅かったりやらなかったりで怒られる人です。 そんな私がサボリ魔について考えたところ、こんな答えになったんです。 「サボリ魔は脳みそが忙しい」 サボる技術―10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術作者: 松本幸夫…

今日使う言葉を一つ決めて過ごす

言霊という言葉もありますが、人は言葉に大きく左右されます。 明るい言葉に暗い言葉。優しい言葉に痛い言葉。 常に何をどんなふうに言葉にしていくか決めて過ごし続けるのは難しいので、今日使う言葉を一つだけ決めて過ごしてみてください。 たった"ひと言"…

不倫はなんでしちゃいけないのか

先日、なぜ不倫をしてはいけないかと言う話をしました。 理由は簡単で正義が認められないからです。 正義とかむず痒い言葉が嫌ならば別になんでも構いません。ルール違反でも、嫉妬するからでも、信用できないからでも。 つまり周りから見て認められるならあ…

恋愛未経験者にもできる!はずのはじめの一歩

世の中にはモテるためのアレコレが沢山ありますが、どうやらこれまで経験のない人にはハードルが高すぎるということを聞いたので少し見てみましょう。 モテる男の恋愛原稿: 基礎を固める恋愛教科書 作者: 田中義男 発売日: 2016/07/20 メディア: Kindle版 こ…

彼に必要だと言われて意味を間違える人続出!!

君がいないとダメだ! 言われたら嬉しい気がします。 でもその言葉を素直に受け止めるには少し早いかも。 母親になってない? 一番間違いがちなのは恋人だと思ったら母親だったってやつ。 特に、メンタルケアに力を注ぐとなりがちです。 慰め役や励まし役を…

陰口から逃れるにはバカになればいい

悪口、陰口というのはどこでも良くないものだと言われます。 しかし実際にそんな会話に遭遇してしまうと、変にそれを否定しにくい時があるんですよね。特に上司なんかの相手だと「そうですね」と相槌を打ってしまうほうが自分のために良さそうなときも。 し…

あなたは周りの人の話を聞いているか

人の意見聞くというのは難しいことです。ハイ聞きましたー聞いただけー♪みたいな人も多いですしね。 しかし問題有りそうなのはそんな人よりもちゃんと聞いているつもりの人。 ちゃんとというのは意見として思考に役立てる気があるという事で、確かにそうして…

ロクな奴がいない わけがない

「ロクな奴がいないな」というのは誰に限った話でなく、周りを見渡して言葉にしなくても感じたことはあるでしょう。 その感覚に潜んだあれこれを少し覗いてみます。 ロクな奴は 人間都合の良いもんで、ロクな奴というのは自分に都合の良い奴である事がほとん…

不倫、浮気、大人の関係が美しく見える時

大人同士の付き合いといえば契約関係だ。しかしそれの及ばない口約束すらない曖昧な関係を望む関係もまた大人の関係なのだろう。 浮気や不倫を語るには日本人やらイタリア人やらと国を分けて考えることが多いがここでは地球人としてまとめて見て行こう。 哲…

いい男を育てるいい女

いい男は勝手に生まれてくると思っているのは女性だけでなく男性自身も同じです。 先天的な顔面偏差値は変えられませんが雰囲気イケメンにはなれるし、いい男にはなれます。男が自分でどうのという事もありますが、いい男の影に良い女ありという事でやはり女…

告白未成功者へ

これまで告白が成功したことのない人は一読願いたい。 告白するのにシチュエーションとか、言葉とか反応はとか色々考える人は多いが全く無駄である。 告白はスピード。もしそれ以外の事を考えている人がいたら、その人は恵まれていたのだ。それを考える余裕…

嘘をつかない!という嘘つき

嘘はつけないから。 そういう人に時々会いますが、まあみんな嘘つきますよね。言いたい事を言うときだけそういうだけなんですが、それに本人も気づいてない。怖いですね。 嘘なんか気にしたら小指の爪タンスにぶつけますよ。 今日のメニュー 嘘は何を泥棒す…

完璧な失敗とは

失敗する方法と書き始めると上手く失敗して成功にするとかその後のケアの方法だったりが書かれている。 特に上手く立ち回り方を伝授するというのも飽きたので失敗について考える。上手くないリカバリもしない完璧な失敗を。 今日のメニュー 失敗の種類 リカ…

嫌われる方法

世の中には好かれる方法がある。 モテる方法がある。 成功する方法がある。 しかし嫌われる方法はない。あるかもしれないけれど知らないくらいには少ない。 最近有名な本で「嫌われる勇気」というのがあるけれどそれもすすんで嫌われようというわけではない…