読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なはなし

素敵な話になればいい話、色恋と仕事

踏ん張り時が別れ時

恋愛には踏ん張りどきというのがあります。 浮気だとか喧嘩だとかそれは別れどきと言うよりも踏ん張り時でほとんどの人は踏ん張ったほうがいいかもしれません。

好きだからって好きと言うとは限らない。

人間不思議なもので素直な言葉ははなかなか聞くことができません。 家族や恋人、仕事関係でもその場の自分を無意識に作ろうとする力が働いたりするからですね。 好きだからと言って、素直に好きだと言う人は実は少ないんです。それは悪いことではなく、例え…

一夜の関係は自主性が大事

大人の関係っていうのは定義がよくわかりませんが、一夜の関係っていうのは浮気やら不倫とは別にあるもんだと思います。まあパートナーが拒絶したら終わりなのは仕方ないですけども。 一夜の関係をうまく過ごせる人と過ごせない人っていうのがいますが、何が…

クリスマスは自由になってきた

日本でも大きなイベントとして安定感のあるクリスマス。しかしジワジワとその存在はイベントとして変化しつつあります。 サンタコスプレ ワンピース レディース < 帽子 ベルト 手袋 セット > ( 身長 150cm?165cm程度 ) クリスマスコス 衣装 グリーン 緑 出…

与える側はお得です。

世の中不自由なもので、裏切られたり嘘をつかれたりして気を揉んでいる事がよくあります。 しかしそれは自分が何かを求めているばかりで、何かを与える側にいないということにならないでしょうか。 もし自分が与える側にいるとすれば、嘘や裏切りは実はない…

与える側はお得です。

世の中不自由なもので、裏切られたり嘘をつかれたりして気を揉んでいる事がよくあります。 しかしそれは自分が何かを求めているばかりで、何かを与える側にいないということにならないでしょうか。 もし自分が与える側にいるとすれば、嘘や裏切りは実はない…

自分のことを年末総ざらい

12月、師走になるとあちらもこちらも大あらわです。 そして仕事もまとめると同時に自分のこともまとめることで、終わりよければ全てよしとし、来年をいい年にもしましょう。 大掃除のやり方とコツ: 年末を家族とゆっくり過ごしたい人のための時短掃除術 発売…

今日何をやめて新しいものを得るか

人が出来ることは無限でもあり限られてもいます。ものの見方によるって話ですが今必要なことはすでに目の前にあるものです。 今するなら何かをやめなければ、時間も能力も足りないものです。 なら何をやめますか。 新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書…

才能は枯れることはない

才能が枯れる。 よく聞くような全然聞かないようなセリフですがほとんどの人が、信じている言葉です。 しかしその意見には反対せざるを得ない。 やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける 作者: アンジェラ・ダックワース,神崎朗子…

不倫はなんでしちゃいけないのか

先日、なぜ不倫をしてはいけないかと言う話をしました。 理由は簡単で正義が認められないからです。 正義とかむず痒い言葉が嫌ならば別になんでも構いません。ルール違反でも、嫉妬するからでも、信用できないからでも。 つまり周りから見て認められるならあ…

恋愛未経験者にもできる!はずのはじめの一歩

世の中にはモテるためのアレコレが沢山ありますが、どうやらこれまで経験のない人にはハードルが高すぎるということを聞いたので少し見てみましょう。 モテる男の恋愛原稿: 基礎を固める恋愛教科書 作者: 田中義男 発売日: 2016/07/20 メディア: Kindle版 こ…

彼に必要だと言われて意味を間違える人続出!!

君がいないとダメだ! 言われたら嬉しい気がします。 でもその言葉を素直に受け止めるには少し早いかも。 母親になってない? 一番間違いがちなのは恋人だと思ったら母親だったってやつ。 特に、メンタルケアに力を注ぐとなりがちです。 慰め役や励まし役を…

行動は何番目に大事?結果や思考は?

優先順位は? 行動が大事 その結果は?思考は?何かとあれが大事これが大事という話が飛び交う自己啓発ですが、表では一番大事なのは「行動」でまちがいありません。 その他結果が大事という話、思考(準備、研究)が大事という所までを見ていきましょう。 …

熱血漢は希少種で面白い

おっしゃあああ! スポーツやなんかでは激しいガッツポーズもよく見ますが、実生活では熱い人というのはかなり少なくなったと感じるのではないでしょうか。 さとり世代や草食何て言葉が表すように、今世の中で熱血漢といえば松岡修造さんくらい。 そのせいで…

明日のためのネクストバッターズサークル

野球でバッターが投手と対戦している時に次のバッターが備える場所。 準備が全て 毎日寝るときは明日のためのネクストバッターズサークルに入ったつもりで準備をしておきましょう。 寝る前でなくても構いませんね。朝起きたときかも知れないし昼かもしれない…

陰口から逃れるにはバカになればいい

悪口、陰口というのはどこでも良くないものだと言われます。 しかし実際にそんな会話に遭遇してしまうと、変にそれを否定しにくい時があるんですよね。特に上司なんかの相手だと「そうですね」と相槌を打ってしまうほうが自分のために良さそうなときも。 し…

自分の世界の大きさを確認しよう。

自分の世界を広げているか 自分の世界の広さを知っていますか。世界と言ってもいめーじがわかないかもしれませんね。それに世界がどうだってんだという意見もあります。 それがどうなるというのはまあおいておいて、今日は自分の世界を確認してみませんか。…

夢はお金持ち?

「成功したい」何となくそんな言葉で一括りにしてしまいますが定義は人それぞれです。 それと同じように「お金欲しい」というのもよく聞く話ですが果たしてそれは「成功」と結びつくものでしょうか。 お金欲しい まずお金を稼ぐという事と、話題に上がるお金…

男女間の友人関係は続けられるかどうか

この話も良くする機会があるんですが、男女に友情はない。 これが私の現在の決定です。まあそうじゃないという人もモリモリ存在するのでその事について書いてみましょう。 男女には前提がある そもそも男女というのは性的なカップルになるという心理がありま…

弱さを晒す強さ

弱さは誰でも隠したいもの。悩みのなさそうな人ほど厄介なのは、内在する弱さを晒せないことです。その結果暴走してしまったり壊れてしまうことはもう見慣れた光景と言えます。 しかしその弱さは案外簡単に克服できるもので救えるものでもあります。 今日は…

あなたは周りの人の話を聞いているか

人の意見聞くというのは難しいことです。ハイ聞きましたー聞いただけー♪みたいな人も多いですしね。 しかし問題有りそうなのはそんな人よりもちゃんと聞いているつもりの人。 ちゃんとというのは意見として思考に役立てる気があるという事で、確かにそうして…

ロクな奴がいない わけがない

「ロクな奴がいないな」というのは誰に限った話でなく、周りを見渡して言葉にしなくても感じたことはあるでしょう。 その感覚に潜んだあれこれを少し覗いてみます。 ロクな奴は 人間都合の良いもんで、ロクな奴というのは自分に都合の良い奴である事がほとん…

自分のタイプを語るなら上手にね

自分のタイプを決めつけない 自分で語るほど自分を縛るものはない「私はそういうのやらないから」というのをよく聞きますね。当然言った事もあるでしょう。 しかし言葉に出す事で縛られてしまうのが人間の悲しいところ。自分はコレをしないという事で逆にや…

好きな人を並べて自分の未来を見つけ出す。なりたい自分がわかる時。

「どんな人になりたいですか」小さい頃はよく聞かれて、それでも答えなんかはアニメのキャラだったりまともでもすっかり忘れてしまったりしますね。 小さい頃にこう言ったからならなきゃいけないとかありませんし、人は変わるものです。成れたら凄いですけど…

物欲センサーで失敗しないために

欲しいものは書き出せ!事細かに書くんだ!というのはまあ私もいうことで、自己啓発や自己実現のためのセミナー見たなものに行けば当然のように言われることです。 しかしそこに困った問題があるとすれば「物欲センサー」ですね。欲しいと思ったものがいらな…

欲しいものは感情から考える

求めるものはなんですか。 欲しいものは明確に想像すれば手に入る!!かどうかはともかく、手に入れたいものがある時は明確に想像するのは必要です。 例えばテレビが欲しい。これはハッキリとしているようであやふやでしかありません。 実際テレビを買いに行…

究極自分本位

人間なんてみんな自分勝手なんだから好きに生きようよ。 というわけではないお話なので早とちりなさらぬよう。 ではどんな話なのかと言われれば自分勝手というよりは自分本位。つまり自分にメリットが来るように生きる方法について見ていきましょう。 自分本…

不倫、浮気、大人の関係が美しく見える時

大人同士の付き合いといえば契約関係だ。しかしそれの及ばない口約束すらない曖昧な関係を望む関係もまた大人の関係なのだろう。 浮気や不倫を語るには日本人やらイタリア人やらと国を分けて考えることが多いがここでは地球人としてまとめて見て行こう。 哲…

自分を変えるためにできること

人には変わりたい時がある。何かを失ったり、夢を持ったり、理由はそれぞれあるけれど変われるかどうかを決めるのが個人の資質だけだなんてことは断じてない。 ただし変わるための工夫は必要で、変わる意思と行動を持って人は変わる。意思は自分で持つのだか…

いい男を育てるいい女

いい男は勝手に生まれてくると思っているのは女性だけでなく男性自身も同じです。 先天的な顔面偏差値は変えられませんが雰囲気イケメンにはなれるし、いい男にはなれます。男が自分でどうのという事もありますが、いい男の影に良い女ありという事でやはり女…

女らしさを勘違いして損する人生

最近は中性というものが流行っていますが、どうも勘違いしている女性が多いので注意を促しておきましょう。 先に一つどんなものかというと、自分をサバサバとか男ぽいと言うことは言い訳じゃないのかと。それただのぐうたらだったり雑だったりするだけじゃな…

自分のベストを引き出そうちぇけら

最高の自分を引き出す どんな人でも子供の頃と比べてみるといまは活発的ではないと感じる事が多いです。また小さいときの方がチャレンジしてたり頑張っていたりということもあります。 逆だという人は比較的珍しく、とてもいい成長過程を得たのだろうと思い…

全ての夫に捧げる愛妻家のススメ

結婚をしても何かあれば離婚すればいい。そんな人が多いですが何ででしょうね。明らかに長く一緒にいる方がいいこと多いんですけどね。 今日は全ての男性に贈る愛妻家のススメ。 良妻を育てる 最高の練習相手 最高の生活を見据えて 愛妻日記 (講談社文庫) 作…

不幸のエリートを幸せにする

幸せにはなりたい人がなればいいか 私が相談を受ける人は相談に来るくらいなのでいわゆる病んでいる状態にあります。話していくうちにどうにかなる事もありますしならない事もあります。 幸せになれないという人をどうにかするのはハードルが高いと感じてい…

告白未成功者へ

これまで告白が成功したことのない人は一読願いたい。 告白するのにシチュエーションとか、言葉とか反応はとか色々考える人は多いが全く無駄である。 告白はスピード。もしそれ以外の事を考えている人がいたら、その人は恵まれていたのだ。それを考える余裕…

対多のコミュニケーション能力

コミュ力と省略して言うと、いかにも仲良く過ごすための能力に見える言葉である。しかしそれは結果としてコミュニケーション能力として見られるだけで、言ってみればその能力の表側である。 つまり普段語られない裏側がコミュニケーション能力には存在する。…

嘘をつかない!という嘘つき

嘘はつけないから。 そういう人に時々会いますが、まあみんな嘘つきますよね。言いたい事を言うときだけそういうだけなんですが、それに本人も気づいてない。怖いですね。 嘘なんか気にしたら小指の爪タンスにぶつけますよ。 今日のメニュー 嘘は何を泥棒す…

偉大性を得る思考

偉大になりたいという思考は男の標準装備であるというのが今のところ世の中の理解である。 自分が何と言おうとこれはほとんどの場合間違いないことで、相手を組み敷きたい勝ちたいという思考を基礎にしてスタートしている。 しかし現実には多くの男は矮小で…

完璧な失敗とは

失敗する方法と書き始めると上手く失敗して成功にするとかその後のケアの方法だったりが書かれている。 特に上手く立ち回り方を伝授するというのも飽きたので失敗について考える。上手くないリカバリもしない完璧な失敗を。 今日のメニュー 失敗の種類 リカ…

人は変わらないしいつの間にか変わっている 変わり方は?

あいつは変わった お前は変わらないね 酒の席同窓会なんかでは必ず繰り返される言葉ですが、実際に人が変わるというのは難しいものです。そして変わらないということも同じくらい難しい。 どうして変われないのか、どうすれば変われるのか見てみましょう。 …

あの人の語り方は主人公か村人か

大体みんな悲劇の主人公思考 友人と話をしている時、どうしても相手の話し方がきになる時ありますよね。何故こんなに不幸自慢をするのか、何故こんなにあの人の話ばかりするのか。 そんな語り口調について3つに分けてみてみます。 今日のメニュー 語り部思…

パートナーにとにかく好きって言ってみよう

軽い男と言われたこともある男ひとしです。最近好きって言いましたか。 誰にだっていいんですが好きだっていう言葉を口にしましたか。これホント大事だからテストでるから。 今日のメニュー 言葉以外は妄想 浮気をしたら言い訳よりも好き ただいまの後は好き…

童貞及びいい女がいいないという人に言いたいことがある

理想の女の子はどこにもいませんよ。 理想の女(ひと) [DVD] 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2006/04/07 メディア: DVD クリック: 22回 この商品を含むブログ (68件) を見る 手料理 今時親からも教わらないし冷凍だけで育つ人も多い。食パン…

恋愛学を個人的に考えてみた

とある大学では恋愛学を受講することができます。正確には学部名は違いますがとにかくれんあいをまなべます。 とはいえ恋愛について学ぶというのはかなり曖昧な表現で分類が必要だと思われるので何となく見ていきましょう。 「絶望の時代」の希望の恋愛学 作…

リッチ脳の限界

各分野に分けたリッチ脳全てを備える人はいません。才色兼備、文武両道をこなす人はいてもリッチ脳が全て備わり、かつ全てを活用するのは極めて困難です。それはリッチ脳を用いて様々な困難を超える事以上に困難であるということで、人の持つ可能性であると…

楽しく生きる

楽しくなさそうに生きている人は減りそうにありませんがいかがお過ごしですか。 今回は「面白くない世を面白く」ということで考えていきますどこぞの幕末志士ですかね。そしてその大筋を一言で現してみると「適当」です。 今日のメニュー 適当に恋愛をする …

最近恋愛を色々諦めている人が多くないですか

不倫、浮気、ストーカー、DV、モラハラ色々理由はあるけれどこの頃恋愛も結婚もいろんな意味で諦めている人が多いです。 今日はみなさんがどのような事を諦めているのか分類してみます。 今日のメニュー いい人を見つけることを諦める 自分が見つけられるこ…

リッチ脳になれば上手くいく その5 セル脳 後編

集 社会に生きる セル脳における集団は社会です。人は社会に生きていることを認識することで上手く生きることができます。 認識するも何もないだろうと思われることもあるでしょうが少しお話を進めさせてください。社会がなければほとんどの人は生活を維持で…

自己啓発、その前に。

自己啓発その前に 個人的に悩む事も人並みにして、相談に乗る事が多かったりしたのでいつからか自己啓発分野で色々な発信をするようになりました。 この分野ではよく言われる事は「胡散臭い」「本当に成功してる人が種明しするわけがない」「偉そうに言われ…

リッチ脳でうまくいく その5 セル脳 前編

セルといえば細胞の事ですね。一個体でありつつ集団で存在するという事でなんでもよかったんですがゴロが一番よかったのでセル脳にしてみました。 人はどこまでいっても個です。誰の事も全てを理解する事はできませんししてもらえません。ましてや一つの行動…